ダイエットの食事制限は危険!筋肉をつけ身体をトトノエル

食事

ダイエットといえば運動と食事制限。

動いてエネルギーを消費すればダイエットできる、体内に入れるエネルギー(カロリー)を減らせばダイエットできる、書くのは簡単ですが実際に行うのはなかなか難しいですよね。

ダイエットは間違ったやり方をしてしまうと、ダイエットどころか太りやすい身体になってしまいます。

 

食事制限によるダイエットの危険性

脂肪より筋肉が先になくなる

過度なダイエットを行い食事制限の1つとして食事を減らすのではなく、食事を抜いてしまうダイエットがありますよね。

食べなければもちろん痩せていくのですが、痩せるというよりも、やつれると言ったほうが正解かもしれませんね。

生きていくために必要なエネルギーを摂取しないと免疫力も下がり、さまざまな病気になってしまう恐れがあります。

では、減らすだけだったら筋肉が大丈夫かといえばそうではありません。

食事制限でダイエットがうまくいったとしても、それは脂肪ではなく筋肉である可能性が高いのです。

筋肉は脂肪よりも先に減っていくので、ダイエットがうまくいったと喜ぶのも束の間、本来落とさなくてはいけない脂肪はそのまま残っているのです。

ダイエットとセットで聞く言葉にリバウンドという恐ろしい言葉があります。

食事制限によるダイエットで筋肉が落ちた場合、ダイエットをやめてしまうと脂肪を燃やしてくれる筋肉がなく、基礎代謝が落ちてしまっている状態になってしまいとても太りやすい身体ができあがってしまっているのです。

そうなると、あんなに苦しい思いをしてダイエットしたのに…すぐ元通り、またはそれ以上の結果となってしまいますよね。

 

ストレス

ダイエットのため「食べたい」という気持ちを我慢しようとすればするほど、たくさん食べてしまった経験はありませんか?

食べたいという気持ちを我慢することで脳にはとてもストレスがかかります。

ストレスは、満腹中枢に関係するホルモンの分泌にも影響を及ぼし、満腹感が得られずいつも以上に大食いをしてしまったり、やけ食いをしたくなる衝動に駆られてしまう恐れがあるのです。

 

身体が飢餓状態

人間の身体は正常に生活を送ろうと、身体を一定の状態に保とうとする働きがあります。

体温が下がれば身体を震わせて熱を作り出そうとするのです。

これは、栄養にも言えることで、極端な食事制限をしてダイエットをするとエネルギーや栄養が身体に足りないと身体・脳が判断し、身体がエネルギーを多く溜め込もうとしてしまうのです。

身体が飢餓状態になってしまった場合、少しの食事でも必要以上に多く栄養を蓄えてしまったり、運動をしてもエネルギー消費を制限してしまってなかなかダイエットがうまくいかないこともあります。

 

ダイエットにピッタリの身体づくり

前述した通り、極端な食事制限によるダイエットは身体を太りやすい状態に変えてしまうのです。

ただですら辛いダイエット。

頑張って我慢をしダイエットを続けた結果が、太りやすい身体を作ってしまうなんて絶対避けたいですよね。

なら、食事制限によるダイエットはしなくてもいいのか…と言われればそうではありません。

食事に関する我慢の方法と先程出た基礎代謝に関して、ダイエットの方法ををご提案させていただきます。

 

10時間の絶食

ダイエットをするとき飢餓状態にしてはいけないのに、絶食とはどういうことなのか混乱してしまいますよね。

1日中食べ続けていると胃での消化が間に合わずに、脂肪になりやすい身体になると言われています。

エネルギーが胃の消化活動に使われてしまい、脂肪を減らすことが後回しにされてしまうのです。

また、10時間絶食を行うと細胞がダイエットしやすいものに変化していきます。

食べ物を入れない状態を毎日作り、身体をリセットしてあげることでダイエットしやすくなります。

10時間の絶食は、睡眠時間も含めて大丈夫です。

夜は早めに食べて朝ごはんをきちんと食べるという健康的な生活リズムを作る手助けにもなりますね。

生活リズムが整えば、肌の調子が良くなったりと女性には嬉しいことばかりです。

暴飲暴食さえしなければ大丈夫なので、食事制限が苦手な方でも続けられそうですよね。

 

筋トレ

身体は摂取エネルギーより消費エネルギーが多ければダイエットできるんですよ。

摂取エネルギーを減らすことのリスクは前述したとおり、リバウンドの可能性がとても高くなってしまいます。

そこで、消費エネルギーを上げることによりダイエットする方がが健康的かつリバウンドしにくいダイエット方法と言えるでしょう。

軽くウォーキングでもいいですし、自宅で筋トレをしてみてもいいかもしれません。

ジムなどで厳しい運動をしなくても毎日こまめに続けていれば筋肉はきちんと付いてきます。

自宅で腹筋などをする場合は、10回3セットを基本に行うように頑張ってください。

筋トレをしているうちに、鍛えているところとは別なところに痛みなどが出た場合は、やり方が間違っている可能性がありますので一度トレーニング方法を見直したほうがいいかもしれません。

 

話題のEMSトレーニング

「自宅で筋トレなんてめんどくさい」「いつも続けられない」なんて方も多いのでは?私もその一人です…。

そんな私たちを救ってくれるのが、整体院トトノエルにあるEMSというインナーマッスルを鍛えてくれる機械です。

なんと、30分寝ているだけで電気刺激で筋肉を鍛えていきます。

そして毎日やる必要はなく、週2~3回だけでOK。

そして、3か月ほどで基礎代謝が6%アップするとお医者さんも学会で認めているのです。

これはやるしかないですね。

基礎代謝6%とは、普段通り生活しているだけでウォーキング30分したのと同じエネルギー消費をしてくれるのです。

基礎代謝を上げることで消費エネルギーが上がるので、摂取カロリーを無理に抑えることなく徐々にダイエットしやすい身体に変化していくことができるのです。

EMSは整体院トトノエル栄和本院・みずほ台院どちらでも体験することが可能です!

身体を変えたいという方はぜひご連絡ください。

3ヶ月で痩せやすく太りにくい身体へ!

関連記事

  1. ストレス

    ストレスは身体に悪いことだった!ストレス解消メニュー

  2. インナーマッスルとは?EMSトレーニングで鍛えよう!

  3. 猫背

    猫背などの姿勢の悪さはの原因は?胸郭出口症候群かも

  4. 土踏まず

    偏平足は身体の不調を引き起こす!偏平足を治療

  5. 体調不良

    身体の不調は矯正治療で治る?整体院トトノエル矯正治療

  6. 疲労

    知らない間にストレス増加?五月病の原因と対策

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA