前ももの疲れはオスグットの可能性がありますよ

ふともも

小中学生や高校生のお子さんが走ったり、ジャンプすると膝が痛くて困っていたりしませんか?

「膝の下の骨がポコッと出っ張っていて、そこを押すと痛い」などありましたら「オスグットシュラッター病」かもしれません。

オスグッドシュラッター病」とは「オスグット」と一般に呼ばれ、成長期に発症することが多いため、成長痛と言われることもありますが現在、直接的な因果関係はないと考えられています。

特にサッカー、バスケットなど走ったりジャンプしたり足を酷使するスポーツをしているお子さん達に多く見られます。

オスグットは、運動による足への疲労の蓄積によるものですが、運動をしていなくても発症することもあります。

共通するのは身体が硬いお子さんがほとんどということです。

 

オスグッドシュラッター病の原因は?

オスグットシュラッター病の原因として、前ももの筋肉(大腿四頭筋)の緊張によるものになります。

前ももの筋肉の主な働きは、ジャンプしたり何かを蹴ったり、走ったりする動作の時に使います。

そのためサッカーやバスケットをしている子に多く見られます。

前ももの筋肉をどんどん使っていくと疲労により硬くなります。

成長期で骨が柔らかい時期に部活など激しい運動を続けてすることにより、前ももの筋肉が硬くなり、付着部が引っ張られ膝の下の骨が出っ張ってきたり、剥がれてしまうことによって炎症が起こります。

 

前ももの筋肉が硬くなってしまう3つの原因

では、そもそもなぜ前ももの筋肉が緊張してしまうのか。

原因は様々にありますが、当院が実際に診察した中で大きな3つの原因をお伝えします。

①過度な運動

部活など、スポーツをやっているお子さんに関しては、「部活に休みがない」「運動量が多い」「試合に出たいから休みたくない」と、筋肉が十分に回復しないことがあります。

そのため、お子さんの筋肉量を超えて運動を続けてしまい、その結果筋肉が硬くなりオスグットを引き起こします。

個人差はありますが元々の筋肉量が少ないと練習強度に耐えられなくなり痛みを引き起こします。

②ストレッチ不足

運動前、運動後にしっかりとストレッチをしましょう。

筋肉に柔軟性をつけることで筋肉の付着部へ引っ張られる力も減りますし、オスグット以外でも思わぬケガを未然に予防できます。

しかし大切なストレッチなんですが、めんどくさいなどの理由によりやらないお子さんが多いのが現状ですので、指導者の方や親御さんがしっかり管理するとよいでしょう。

③身体のバランスの崩れ

身体のバランスが崩れてしまい、前ももの筋肉に負担のかかりやすい身体になってしまっていて筋肉が硬くなってしまうことがあります。

「足の裏の土踏まずが平べったい」「ガニ股」などによって足元のバランスが崩れ、太ももの筋肉でカバーしないといけない状態になってしまうなど、なんらかの原因によって前ももに負担がかかってしまうことでオスグットになってしまいます。

 

整体院トトノエルでの治療法

オスグットの原因としては何度も言いましたが、前ももの緊張にあります。

しかし前もものマッサージやストレッチをして筋肉を緩めたとしても、上記の原因がなくならなければまた再発してしまいます。

整体院トトノエルでは、「なぜ前ももに負担がかかってしまっているのか」上記の①〜③のような原因を探します。

①の過度な運動が原因であれば、まずは運動を一旦中止し、太もものマッサージやストレッチを行って前ももの疲労を抜きます。

②のストレッチ不足は膝の痛みが強くなっている時にストレッチをすると前ももではなく膝の下に痛みが出ることがあり、そのまま続けていくと逆に悪化してしまう場合があるので自己判断で行うのはやめてください。

整体院トトノエルで診てからストレッチを行う時期を決めていきましょう。

③の身体のバランスの崩れの場合、普段の立っている、座っている姿勢、利き腕などでスポーツ中の動作に偏りがあったりすることがあります。

その状態が続きますと骨格にズレを生じるので筋肉を緩めるのはもちろん、骨格の矯正も行っていきます。

関連記事

  1. ふくらはぎ

    急に襲う肉離れ!肉離れの原因・治療・予防法は?

  2. 腰痛

    ギックリ腰とは?ギックリ腰の痛み原因・対処を伝授

  3. 子どものヒザの痛みとは?ヒザの痛みの治療・予防を紹介

  4. 腰痛

    その腰痛は疲労骨折?成長期の激しいスポーツに注意

  5. 指

    つき指は早い処置をし治療へ!指が変形することがある

  6. 氷

    RICE処置はケガを早く治す?正しいケガの処置方法

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA