RICE処置はケガを早く治す?正しいケガの処置方法

氷

RICEとは・・・

スポーツをしてる人は聞いたことある言葉かも知れませんが、スポーツ中に起きた突然ケガをした時の応急処置のことなんです。

正しい処置をすることで、ケガの悪化を防ぎ、治りが早くなります。

 

それでは、ご説明しますね~!!!

Rert(休ませる)

Ice(冷やす)

Compression(押さえる)

Elevation(高く上げる)

4つの頭文字をもってRICEって言われてます。

 

Rertとは・・

まずは、ケガをしたら運動を中止して痛みや腫れを抑える為に動かさない、安静にして下さい!

Iceとは・・

氷水を使ってビニール袋や氷のうなどに入れて、痛めたところの痛みをマヒさせ、腫れを抑えます!

Compressionとは・・

適度に圧迫を加えることで、痛みを減らし、腫れていくのを抑えます!

Elevationとは・・

ケガをしたところを心臓より高く上げます。

ですので、例えば足首をひねった時などは、横になって足を枕などで高くすることで、腫れの広がりを抑えます!

アイシングの時間は10分から15分冷やして、一度外して1時間くらいしてから、またアイシングします。

 

これを繰り返すことで早期回復が期待できます!

 

正しい処置で早期回復

もちろん、やましろ接骨院に来ていただければ、どこが悪いか、どこを痛めたのか判断して、早期回復が期待できる電気、鍼灸治療、酸素カプセル、オリジナル矯正、症状によっては絶対に動かさないようにギプスでの固定をすることも可能です。

ケガをした、痛みを感じた時には我慢せず、一日も早く来てください!

最初の処置をしっかりすることで早期回復が期待できます!!

関連記事

  1. 腰痛

    その腰痛は疲労骨折?成長期の激しいスポーツに注意

  2. 子どものヒザの痛みとは?ヒザの痛みの治療・予防を紹介

  3. 足,ケガ

    捻挫のクセにならないためには?しっかり治療しよう

  4. ふくらはぎ

    急に襲う肉離れ!肉離れの原因・治療・予防法は?

  5. 子ども

    子どもに多いケガを防ごう!ケガの原因と予防法を伝授

  6. ひざ

    走ると膝が痛む原因は?ランナー膝の治療などを説明

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA