ぎっくり腰の原因と予防について、そして接骨院でできること

The following two tabs change content below.

井手 恒太

やましろ接骨院みずほ台院院長株式会社ビグス
やましろ接骨院みずほ台院院長 患者さんと共に治し、施術を必要となくす体へ 整形外科勤務、デイサービス併設の接骨院での経験を経て、やましろ接骨院みずほ台院の院長に。 骨折、脱臼など手術の可能性がある重傷なケガも対応でき、寝違いやぎっくり腰も早期改善し、再発の予防まで。 肩こりや、いろんな治療院を転々とされる腰痛の悩みまでしっかりと解決させていただきます。 野球肘の活動も行っており、地域の少年野球や学校へ出向き、野球肘を撲滅する活動も行っています。 RIZINに出るプロ格闘家も施術しており、アスリートのケアまでお任せください!!

こんにちは、やましろ接骨院のブログをご覧いただきありがとうございます。院長の井手恒太です。

今回は、多くの方が悩まされる「ぎっくり腰」について、その原因と予防方法、そして接骨院でできることについて詳しくお話しします。

ぎっくり腰とは?

ぎっくり腰は、急性腰痛症とも呼ばれ、突然の腰の激痛を伴う症状です。英語では「腰を捻った」と表現されることもあり、その痛みはまるで「電撃が走ったような」と形容されることが多いです。ぎっくり腰は誰にでも起こりうるもので、年齢や性別を問わず、多くの人が一生に一度は経験する可能性があります。

ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰の原因はさまざまですが、主に以下のような要因が挙げられます。

1. 筋肉の過労や疲労

長時間のデスクワークや運動不足、過度な運動などで腰の筋肉が疲労すると、筋肉が硬直しやすくなります。この状態で急に動いたり重い物を持ち上げたりすると、筋肉に過度の負荷がかかり、ぎっくり腰を引き起こすことがあります。

2. 不適切な姿勢

不良姿勢や姿勢の歪みも、ぎっくり腰の原因になります。例えば、座っているときに前かがみになったり、片足に体重をかけて立っていると、腰に過剰な負担がかかります。このような姿勢を続けると、筋肉や関節が疲労しやすくなり、ぎっくり腰を招くことがあります。

3. 冷え

腰の冷えもぎっくり腰の一因です。特に寒い季節や冷房の効いた環境では、筋肉が硬くなりやすくなります。冷えた状態で急に動くと、筋肉や関節に負担がかかり、ぎっくり腰を引き起こすリスクが高まります。

4. 急な動きや重い物の持ち上げ

日常生活の中で、急に腰をひねったり、重い物を持ち上げたりする動作が原因でぎっくり腰を発症することがあります。特に準備運動をせずに急に激しい動きをした場合や、重い荷物を持ち上げるときに適切なフォームを取らなかった場合にリスクが高まります。

ぎっくり腰の予防方法

ぎっくり腰を予防するためには、日常生活の中で腰に負担をかけない工夫が必要です。以下にいくつかの予防方法をご紹介します。

1. 適切な姿勢を保つ

正しい姿勢を意識することは、ぎっくり腰の予防に非常に重要です。デスクワークの際には、椅子に深く腰掛け、背筋を伸ばし、足を床につけるようにしましょう。また、立っているときには、両足に均等に体重をかけ、背筋をまっすぐに保つことが大切です。

2. 適度な運動を心がける

適度な運動は筋肉を強化し、柔軟性を保つために効果的です。特に腰回りの筋肉を鍛えることで、ぎっくり腰のリスクを減らすことができます。ウォーキングやストレッチ、ヨガなどの軽い運動を日常的に取り入れると良いでしょう。

3. 重い物の持ち上げ方に注意する

重い物を持ち上げる際には、腰に過度の負担をかけないように注意が必要です。持ち上げる前にしっかりと膝を曲げ、腰ではなく脚の力を使って持ち上げるようにしましょう。また、物を持ち上げるときには、急にひねったりせず、ゆっくりと動くことが大切です。

4. 腰を冷やさないようにする

腰を冷やさないようにすることも、ぎっくり腰の予防に役立ちます。寒い季節や冷房の効いた室内では、腰を温めるために腹巻やホットパックを使用すると良いでしょう。また、入浴や温かい飲み物で体を温めることも効果的です。

接骨院でできること

ぎっくり腰を予防し、万が一発症した場合にも、接骨院ではさまざまなサポートが可能です。以下に、接骨院で提供できる主な施術やサポート内容をご紹介します。

1. 姿勢の矯正

接骨院では、専門的な知識と技術を活かして、患者さんの姿勢を正しく矯正することができます。姿勢の歪みを整えることで、腰にかかる負担を軽減し、ぎっくり腰の予防に繋がります。

2. 筋肉の調整

ぎっくり腰の原因となる筋肉の硬直や疲労を解消するために、接骨院ではマッサージやストレッチ、電気治療などを行います。これにより、筋肉の柔軟性を保ち、腰痛の発症を防ぐことができます。

3. リハビリテーション

ぎっくり腰を発症した後のリハビリテーションも接骨院でサポートが可能です。専門的なリハビリプログラムを通じて、再発を防ぎ、腰の機能を回復させることができます。リハビリには、軽い運動やストレッチ、筋力トレーニングが含まれます。

4. 生活習慣のアドバイス

接骨院では、患者さん一人ひとりの生活習慣に合わせたアドバイスを提供しています。食事や運動、睡眠など、日常生活全般にわたるアドバイスを通じて、ぎっくり腰の予防と健康維持をサポートします。

まとめ

ぎっくり腰は誰にでも起こりうる症状ですが、適切な予防方法を実践することでリスクを減らすことができます。また、万が一ぎっくり腰を発症した場合には、接骨院での専門的なサポートが非常に効果的です。やましろ接骨院では、皆さまの健康を第一に考え、さまざまな施術やアドバイスを提供しています。腰の痛みや不調を感じた際には、ぜひ一度ご相談ください。

次回のブログもお楽しみに。読んでいただき、ありがとうございました。

腰痛,座っている

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

webでお問い合わせ LINEで栄和本院へお問い合わせ LINEでみずほ台院へお問い合わせ

関連記事

  1. これを知らないと損!筋力低下のリスクと効果的なトレーニング

  2. 坐骨神経痛の症状と治療法についてご紹介

  3. 肩こり

    セルフケアの重要性とは!?私達治療の専門家がお伝えします!!…

  4. お年寄り

    腰の痛みに待った!仙腸関節が原因かも?放置は慢性の元

  5. 背中の長引く痛み!脊椎圧迫骨折についてご紹介します

  6. 問診

    どんな人がケガをしやすい?テニス人多いケガについてご紹介しま…