変形性膝関節症について

The following two tabs change content below.

井手 恒太

やましろ接骨院みずほ台院院長株式会社ビグス
やましろ接骨院みずほ台院院長 患者さんと共に治し、施術を必要となくす体へ 整形外科勤務、デイサービス併設の接骨院での経験を経て、やましろ接骨院みずほ台院の院長に。 骨折、脱臼など手術の可能性がある重傷なケガも対応でき、寝違いやぎっくり腰も早期改善し、再発の予防まで。 肩こりや、いろんな治療院を転々とされる腰痛の悩みまでしっかりと解決させていただきます。 野球肘の活動も行っており、地域の少年野球や学校へ出向き、野球肘を撲滅する活動も行っています。 RIZINに出るプロ格闘家も施術しており、アスリートのケアまでお任せください!!

はじめに


こんにちは。
やましろ接骨院みずほ台院の院長の井手です。

変形性膝関節症(へんけいせいひざかんせつしょう、以下OA)は、膝関節の慢性的な疾患で、多くの人々に影響を及ぼします。年齢と共に進行し、痛みや機能障害を引き起こすことが多いです。本ブログでは、変形性膝関節症の概要、症状、原因、診断方法、治療法、そして予防策について詳しく解説します。

1. 変形性膝関節症とは

変形性膝関節症は、膝関節の軟骨が摩耗し、関節が変形する病気です。軟骨が劣化することで、骨と骨が直接擦れ合い、痛みや炎症を引き起こします。OAは進行性の疾患であり、放置すると関節の機能が徐々に失われます。膝関節に発生するOAは、日常生活に大きな影響を与え、特に高齢者に多く見られます。

2. 変形性膝関節症の症状

OAの主な症状は以下の通りです。

2.1. 膝の痛み

最も一般的な症状は膝の痛みです。初期には、動作時や長時間の歩行後に痛みが生じますが、病状が進行すると、安静時や夜間にも痛みが出ることがあります。

2.2. 関節のこわばり

朝起きたときや長時間座った後などに、膝関節がこわばることがあります。このこわばりは動き始めると緩和されることが多いですが、重症化すると常に感じるようになります。

2.3. 可動域の制限

膝関節の可動域が狭くなり、曲げ伸ばしが困難になります。これにより、階段の上り下りや正座が難しくなることがあります。

2.4. 関節の不安定感

膝関節が不安定になり、歩行時に膝が崩れるような感じがすることがあります。これは、軟骨の劣化により関節の支持力が低下するためです。

2.5. 腫れと炎症

関節内の炎症により、膝が腫れたり、熱感を伴うことがあります。この炎症は、関節液の増加や滑膜の炎症によるものです。


3. 変形性膝関節症の原因

OAの原因は多岐にわたりますが、以下の要因が主な原因として挙げられます。

3.1. 加齢

加齢はOAの最大のリスク要因です。年齢と共に関節の軟骨が劣化しやすくなり、OAの発症リスクが高まります。

3.2. 遺伝的要因

家族にOAの患者がいる場合、遺伝的要因により発症リスクが高くなることがあります。

3.3. 肥満

肥満は膝関節に過剰な負担をかけるため、OAのリスクを高めます。体重が増えることで膝関節への圧力が増し、軟骨の劣化が進行します。

3.4. 関節の過剰使用

スポーツや重労働など、膝関節を頻繁に使用する活動は、OAのリスクを高める要因となります。特に、ジャンプやランニングなど膝に衝撃を与える動作が多い場合、軟骨の摩耗が早まることがあります。

3.5. 関節の外傷

膝関節の外傷や手術歴もOAのリスクを高めます。外傷により関節の構造が損傷されると、軟骨の劣化が進みやすくなります。

3.6. その他の疾患

関節リウマチや痛風などの疾患も、OAの発症に関連することがあります。これらの疾患は関節に炎症を引き起こし、軟骨の劣化を促進します。

4. 変形性膝関節症の診断方法

OAの診断には、以下の方法が用いられます。

4.1. 病歴と症状の確認

医師はまず、患者の病歴や症状を詳しく確認します。痛みの場所や程度、こわばりや腫れの有無などを聞き取り、症状の特徴を把握します。

4.2. 身体検査

次に、医師は膝関節の視診や触診を行います。関節の腫れや変形、可動域の制限、痛みの部位などを確認します。

4.3. 画像検査

X線検査は、OAの診断に最も一般的に用いられます。X線画像により、関節の変形や軟骨の減少、骨棘(こつきょく)の形成などが確認されます。また、MRIやCTスキャンも、関節の詳細な状態を評価するために使用されることがあります。

4.4. 関節液の検査

関節液の検査も診断に役立ちます。関節液を採取して分析し、炎症の程度や他の疾患の有無を確認します。

5. 変形性膝関節症の治療法

OAの治療には、非薬物療法、薬物療法、手術療法があります。以下に各治療法について詳しく説明します。

5.1. 非薬物療法

非薬物療法は、生活習慣の改善やリハビリテーションを含む治療法です。

5.1.1. 体重管理

体重を減らすことで、膝関節への負担を軽減することができます。適切な食事と運動を取り入れ、健康的な体重を維持することが重要です。

5.1.2. 運動療法

関節の柔軟性や筋力を維持するために、適度な運動が推奨されます。水泳や自転車など、関節に負担をかけない有酸素運動や

ストレッチ、筋力トレーニングが効果的です。理学療法士の指導のもとで適切なエクササイズプランを立てることが重要です。

5.1.3. 装具の使用

サポーターや膝のブレースなどの装具を使用することで、膝関節を安定させ、痛みを軽減することができます。また、インソールや特定の靴も、関節への負担を軽減する役割を果たします。

5.2. 薬物療法

薬物療法は、痛みや炎症を軽減するために使用されます。

5.2.1. 鎮痛薬

アセトアミノフェン(パラセタモール)などの鎮痛薬は、軽度から中程度の痛みを和らげるのに有効です。副作用が少なく、長期間の使用が可能です。

5.2.2. 非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)

イブプロフェンやナプロキセンなどのNSAIDsは、痛みと炎症を軽減します。しかし、長期使用は消化器系の副作用を引き起こす可能性があるため、医師の指導のもとで使用する必要があります。

5.2.3. 局所治療

痛みを和らげるために、患部に直接塗布するNSAIDsのゲルやクリームも利用されます。また、ヒアルロン酸注射やステロイド注射も、関節内の炎症を軽減するために用いられることがあります。

5.3. 手術療法

重度のOAに対しては、手術が検討されることがあります。

5.3.1. 関節鏡視下手術

関節鏡を用いて、関節内の損傷部分を修復したり、滑膜や軟骨の破片を除去する手術です。比較的侵襲が少なく、回復が早いのが特徴です。

5.3.2. 高位脛骨骨切り術

膝の荷重を調整するために、脛骨(すねの骨)を切り、再配置する手術です。主に若年者や活動的な患者に適用されます。

5.3.3. 人工関節置換術

重度のOAの場合、膝関節全体を人工関節に置換する手術が行われます。この手術により、痛みが劇的に軽減され、関節の機能が改善されます。ただし、手術にはリスクが伴い、長期間のリハビリテーションが必要です。

6. 変形性膝関節症の予防策

OAの発症を予防するためには、日常生活での注意が必要です。

6.1. 適度な運動

運動不足は筋力低下や体重増加を招き、OAのリスクを高めます。適度な運動を続けることで、筋力を維持し、関節の負担を軽減することができます。特にウォーキングや水泳、サイクリングなどの低負荷の運動が推奨されます。

6.2. 体重管理

肥満はOAの最大のリスク要因の一つです。適切な食事と運動により、健康的な体重を維持することが重要です。バランスの取れた食事を心がけ、過剰なカロリー摂取を避けましょう。

6.3. 正しい姿勢と動作

日常生活での正しい姿勢と動作は、関節への負担を減少させます。物を持ち上げる際は腰を曲げずに膝を使う、長時間座るときは適度に姿勢を変えるなど、関節を守る工夫が必要です。

6.4. 適切な靴の選択

足に合った適切な靴を選ぶことも重要です。特に衝撃を吸収するインソールが入った靴や、足首をしっかりサポートする靴を選ぶと良いでしょう。

6.5. 関節の保護

スポーツや重労働を行う際は、関節を保護するための装具を使用することが推奨されます。適切なサポーターやブレースを使うことで、関節への負担を軽減し、怪我のリスクを減らします。

7. 日常生活でのアドバイス

OAと診断された場合でも、日常生活でできる工夫によって症状の管理が可能です。

7.1. 日常動作の工夫

膝に負担をかけないために、日常動作を工夫することが大切です。例えば、階段の上り下りを避ける、長時間の立ち仕事を控えるなどの対策が有効です。

7.2. 休息と活動のバランス

過度な活動は関節に負担をかけるため、休息と活動のバランスを取ることが重要です。適度に休息を取り入れ、膝の痛みや疲労を感じたときは無理をせず休むようにしましょう。

7.3. 適切な栄養摂取

関節の健康を保つためには、適切な栄養摂取も重要です。特に、ビタミンDやカルシウムを含む食品を積極的に摂るようにしましょう。また、抗酸化作用のあるビタミンCやEも、関節の炎症を軽減する効果があります。

8. OA患者の声

OAと向き合いながら生活を送っている患者さんの声を紹介します。

8.1. Aさん(60代女性)

「初めて膝の痛みを感じたのは50代半ばでした。最初は軽い痛みだったので放置していましたが、次第に痛みが強くなり、病院を受診しました。診断結果は変形性膝関節症でした。治療を始めてからは、医師や理学療法士の指導のもとで運動を取り入れ、体重管理にも努めました。今では痛みも和らぎ、日常生活を支障なく過ごせるようになりました。」

8.2. Bさん(70代男性)

「若い頃からスポーツが好きで、膝にかなりの負担をかけていたと思います。60代になってから膝の痛みがひどくなり、OAと診断されました。手術も考えましたが、まずは非手術療法を試すことにしました。体重を減らし、膝に優しい運動を続けることで、痛みが軽減されました。今でも毎日ウォーキングを続けています。」

9. まとめ

変形性膝関節症は、加齢や遺伝、肥満など多くの要因で発症する膝関節の慢性的な疾患です。膝の痛みやこわばり、可動域の制限などの症状が見られますが、適切な診断と治療によって症状の管理が可能です。非薬物療法、薬物療法、手術療法といった多様な治療法があり、患者一人ひとりに適した治療を選ぶことが重要です。また、日常生活での工夫や予防策を取り入れることで、OAの発症リスクを減らし、進行を遅らせることができます。

患者さんの声からもわかるように、適切な治療と生活習慣の改善によって、変形性膝関節症と上手に向き合い、充実した日常生活を送ることが可能です。痛みや不快感を感じたら早めに医師に相談し、適切な対策を講じることが大切です。日々の努力と工夫で、膝の健康を守り、アクティブな生活を楽しみましょう。

やましろ接骨院では、膝の痛みは非常に得意としております。
いつでもご相談くださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

webでお問い合わせ LINEで栄和本院へお問い合わせ LINEでみずほ台院へお問い合わせ

関連記事

  1. 外反母趾とは?外反母趾について ご紹介

  2. サッカー,ケガ

    肉離れはどうやって起きるの?肉離れの総論についてご紹介します…

  3. ランナー,スポーツ

    捻挫やこむら返りだけではない!?マラソンやジョギングに多いケ…

  4. PC,眼精疲労

    指にしびれや痛みの症状が?手根管症候群の主な原因や対策方法を…

  5. これを知らないと損!筋力低下のリスクと効果的なトレーニング

  6. ケガで多い!足関節の捻挫についてご紹介