ビタミンCの役目とは?摂取不足することによっておこる症状

この記事では、ビタミンCの摂取が不足する場合におこる症状について触れていきます。

また、摂取が不足しないための工夫や摂取の不足を解消する方法を説明します。

現在、あなたの体は、ビタミンC不足ではないでしょうか。

摂取が不足している場合は、どのように摂取すれば良いでしょうか。

これからの食生活に生かし、ビタミンCの不足を解消していきましょう。

 

ビタミンCとは?

①ビタミンCの働き

ビタミンCはビタミンの一種であり、水溶性ビタミンに分類されます。

美容のためのビタミンとしてもおなじみです。

ビタミンCの摂取は体の細胞と細胞の間を結ぶコラーゲンというたんぱく質を作ります。

ビタミンCが不足してしまうと、たんぱく質が作られません。

ビタミンCの摂取は皮フや粘膜の健康維持にも役立っています。

皮フのメラニン色素の合成を抑え、日焼けを防ぎます。

また、ストレスへの抵抗力をビタミンCの摂取によって高められます。

ビタミンCの摂取は鉄の吸収をよくし、さらに、ビタミンCには抗酸化作用があります。

有害な活性酸素から体を守る働きをします。

ビタミンCの摂取は、動脈硬化や心疾患を予防することが期待できます。

②ストレスとビタミンの関係

ビタミンCはストレスの多い人ほど、きちんと摂取する必要があります。

・寒さ

・暑さ

・疲労

・苦痛

・心痛

・睡眠不足

・働き過ぎ

などの、精神的・物理的ストレスです。

また、たばこを吸う人もより多くのビタミンCが使われています。

ビタミンCの摂取が不足してしまうと、ストレスの抵抗力が下がってしまいます。

 

ビタミンCを多く含む食品

スムージービタミンCはバランスの良い食事を心がけていれば不足の心配はまずありません。

ビタミンCは風邪やインフルエンザなどの感染症のとき、その必要量が増加します。

近年、野菜の摂取量が減少しており、ビタミンCの摂取が不足しています。

不足しがちなビタミン類をジュースやサプリメントで補う人もいます。

野菜ジュースやサプリメントから摂取されるビタミンCは食事で摂取した場合よりも体からでるまでの時間が非常に短いです。

ビタミンCが豊富な食品は、

・アセロラ

・ケール

・青汁

・パセリ

・せん茶

・グァバ

・焼きのり

などがあります。

ビタミンCは水溶性のため水に溶けやすく、熱に弱い性質です。

できるだけ新鮮な生で摂取することがよいでしょう。

ポイントは

・洗い過ぎない

・ゆで過ぎない

・水にさらしすぎない

などが大切です。

 

ビタミンCはどれくらい摂取したらよいのか?不足しないためにはどうすればよいか?

女性,ワンポイントビタミンCが不足しないための1日の摂取量の基準は、成人では100mgと設定されています。(2015年)

しかし、ビタミンCの摂取量とはいせつ量を考えると、通常の食事以外に、サプリメントから1日あたり1000mg以上の摂取をすることは推奨していません。

ビタミンCの1日の摂取の必要量は、

0カ月から0歳11カ月までは必要量はなく目安量として40mgとされています。

・1歳から2歳が30mg

・3歳から5歳が35mg

・6歳から7歳が45mg

・8歳から9歳が50mg

・10歳から11歳が60mg

・12歳から14歳が80mg

・15歳から70歳以上までが85mg

そして女性が妊娠中はその年齢の摂取量にプラスして10mgが必要です。

授乳中はその年齢の摂取量にプラスして40mgが必要です。

 

ビタミンCの不足と過剰摂取について

ストレスビタミンCの摂取が不足すると、寒さや細菌に対する抵抗力が下がります。

抵抗力が下がると、風邪などの病気にかかりやすくなります。

ビタミンCは体内に生じた活性酸素を除去する働きがあります。

不足してしまうとガンなどの病気が発症しやすくなります。

 

ビタミンCは血管・皮フ・骨などを作るのに欠かせないコラーゲンを作ります。

不足してしまうと全身の老化をはやめてしまいます。

神経伝達物質であるアドレナリンの生成をビタミンCは助けてくれます。

不足してしまうと、うつ病など気分の低下をもたらす原因です。

 

ビタミンCが不足すると、骨の発育が不十分になります。

ビタミンCの摂取の不足が原因の病気には壊血病(かいけつびょう)があります。

壊血病はコラーゲンがつくられないために、細胞の間の結合が緩んでしまうことでおこります。

血管や関節が弱くなることから、歯ぐきなどの体の各所で出血したり、関節が痛んだりする病気です。

壊血病の治療法は、ビタミンCの投与によって行います。

ビタミンCを1日あたり数回、服用あるいは注射を用いて投与します。

 

ビタミンCが不足しがちな例として、

・炭水化物と飲み物だけの食事が多い

・精神ストレスが多い

・ダイエットで極端に食べる量が少ない

・運動や徹夜の後

などがあります。

 

ビタミンCは過剰に摂取してしまっても吸収率が低下し、残りは尿から出てしまいます。

一般的には過剰に摂取してしまっても問題ないといわれています。

しかし、薬やサプリメントなどを過剰に摂取してしまうと、吐き気・下痢・腹痛などの症状が起きる場合があります。

腎機能に問題がある人では、腎結石のリスクが高まることから注意が必要です。

 

まとめ

ビタミンCが不足するとさまざまな症状がおこることを説明しました。

ビタミンCは直接、体を作る訳ではなく、体の細胞と細胞の間を結ぶコラーゲンというたんぱく質を作るのに不足してはいけません。

女性の方は、美容のためにビタミンC不足に注意しましょう。

ビタミンCが不足すると、日焼けをしやすくなります。

ビタミンCは水溶性であり水に溶けてしまいます。

調理方法を間違えるとビタミンCの不足につながります。

ビタミンCが不足しているため摂取しようとする場合は、手軽にアセロラジュースなどで摂取できます。

アセロラジュースは甘味料が入っていないものを選び、積極的に摂取し、ビタミンCの不足を解消しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 睡眠

    寝ても疲れが取れない!疲れの原因と睡眠の質を上げる3つの方法…

  2. サポーター

    ケガをしたときのサポーターの選び方は?効果のあるつけ方とは?…

  3. 合格,春,桜

    脳を休めよう!勉強で疲れた受験生におすすめリフレッシュ法

  4. 食事

    摂取量が足りないと危険!炭水化物の必要性や役割を詳しく解説!…

  5. 鍼灸療法とは?体のつぼについてご紹介

  6. 食物繊維って何?食物繊維の分類ごとの役割や必要性を徹底的に解…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA