ギックリ腰の痛みの原因と治療法について

この記事では、急な腰の痛みが起こるギックリ腰についてお伝えします。

突然のギックリ腰になったときの原因と治療方法をご説明します。

何度もギックリ腰をしてお悩みの方、繰り返さないように対策をしっかりしましょう。

ギックリ腰とは?

正式には「急性腰痛症」と呼ばれています。

・急激に発症する腰の痛み。

・動作による痛みの悪化。

・明らかな神経痛やまひなどは合併しせず、レントゲンや磁気共鳴画像装置(MRI)では異常所見がない。

・比較的短期間で治る。

などを満たすものを言います。

明確な診断はつかないが短期間でおさまる腰の痛みとも言えます。

ギックリ腰は、小さなきっかけでも突然痛みが起こることがあります。

またギックリ腰は、別名で腰痛症とも言われます。

ギックリ腰の原因と症状

ギックリ腰の原因ははっきり特定されていません。

ギックリ腰は、腰の筋肉の捻挫のようなものです。

その他、原因となる可能性はさまざまあります。

原因となる動作によって突然腰に痛みがおきて、動けなくなります。

多くは1~2週間程度(早くて2〜3日)で痛みは自然に回復します。

注意が必要なギックリ腰ですが、時間がたっても症状が改善しない場合です。

もしくは、下半身に痛みやしびれがある場合です。

この場合は、腰椎椎間板ヘルニアなどの病気が隠れていることがあります。

そんなときは、一度医療機関を受診してみてもらってください。

ギックリ腰が発症しやすい時間帯について

デスクワークなどを長時間行うと、腰への負担が強くなりギックリ腰になり激しい痛みがでます。

そのため、身体反応が低下している午前中と昼休憩の後が危険です。

ですので、14~15時痛みが発症しやすい時間帯であると考えられます。

ギックリ腰の検査と診断について

ギックリ腰は、発症した状況や症状、病歴などから疑われます。

ギックリ腰の原因となる動作は、はっきりすることもあれば、しないこともあります。

検査は、腰部の単純なレントゲン写真や磁気共鳴画像装置(MRI)などの画像検査が検討されています。

特に磁気共鳴画像装置(MRI)は、脊椎(せきつい)の中に位置する脊髄(せきずい)と髄核(ずいかく)などの位置関係を詳細に見ることができます。

ギックリ腰の治療方法について

サポーターギックリ腰は、いつも通りに生活をしていても、数日~数週間で痛みの症状が落ち着くことが多いです。

痛みが強い場合には、湿布や痛み止めをして安静にしましょう。

症状が落ち着いたときは、軽いストレッチなど効果があります。

動かせるところは、痛みの範囲で動かすようにしましょう。

また、コルセットを使うことで痛みの症状が和らぐことができます。

ギックリ腰の対処は、痛みが発症してから2〜3日が大事です。

ギックリ腰を起こした後は、痛みを抑えるため、安静にすることが大切だと言われます。

しかし、ずっと動かないでいると、腰痛との関係が深い「背筋」が衰えてしまいます。

背筋の衰えると、ギックリ腰の回復が遅れてしまいます。

椎間板ヘルニア(ついかんばん)ヘルニアや圧迫骨折、神経の障害などが潜んでいることもあります。

下記のような場合は、自己の判断を避け、整形外科を受診することをお勧めします。

・痛みがとても強い

・時間がたっても症状が改善しない

・足がしびれる、爪先が動かない

ギックリ腰の再発予防について

ギックリ腰を経験すると、その後1年間で約1/4の方が再発するといわれています。

ギックリ腰の痛みに、再び苦しまないため、しっかりとギックリ腰の再発防止に取り組みましょう。

ギックリ腰の再発を予防するためにすべきことは、主に下記の4つです。

1)無理な姿勢をとらないようにしましょう

腰に負担がかかるような前かがみの姿勢を避けましょう。

2)ストレスを軽減しましょう。

ストレスが続くと痛みに敏感になります。

音楽や食べ物など、自分の好きなものを生活に取り入れ、 ストレスを軽減しましょう。

3)肥満を防ぎましょう。

肥満があると体重が重い分、腰に負担がかかってギックリ腰が起こりやすくなります。

4)適度な運動を行いましょう。

痛みがなくなって完治した後にも、体を動かしましょう。

眠りとギックリ腰について

睡眠,ベッド就寝中、寝起き時に急に腰の痛みに襲わることが多くあります。

腰の痛みの原因は人それぞれですが、アメリカの国立衛生研究所によると、全体の8割の人が背中に痛みを感じているそうです。

ポイントは、寝返りうつことです。

寝返りが少ないと、長時間1カ所に体重がかかり続けその部分に負担がかかります。

また、寝返りをうたず同じ姿勢でいると、腰の筋肉は固くなります。

これが、腰痛やギックリ腰の原因になるのです。

眠る時は、寝返りをうつことを心がけましょう。

うつぶせ寝は、腰に一番よくありません。

うつぶせ寝は、腰の痛みだけではなく、首も痛めてしまいます。

また、体のさまざまな部分をゆがませてしまいますので注意しましょう。

まとめ

ギックリ腰を発症すると、激しい痛みに襲われてしまいます。

ギックリ腰の痛みは、多くは1〜2週間で自然に治ってしまいます。

しかし、その後ギックリ腰の再発率が高くなり、ギックリ腰の癖がついてしまうことがあります。

ギックリ腰の再発を防ぐため、ストレッチや適度な運動、食べ過ぎに注意しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. ギックリ腰

    放置は禁物!猫背が体に与えるさまざまな危険とは?

  2. 脊椎側彎症の症状と治療についてご紹介!

  3. 産後,赤ちゃん

    産後2ヶ月目から始める骨盤調整!妊娠前より元気な体へ

  4. 腰痛

    慢性腰痛の原因は筋力の低下と姿勢の悪さだった

  5. どんな人がケガしやすい?フットサルが原因で発症しやすいケガに…

  6. 問診

    どんな人がケガをしやすい?テニス人多いケガについてご紹介しま…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA