偏平足は身体の不調を引き起こす!偏平足の治療方法とは?

土踏まず

土踏まずが無いとお困りではないですか?

足の裏、土踏まずがない状態を「扁平足(へんぺいそく)」といいます。

通常、ちいさいころはみんな扁平足で身体の成長とともに土踏まずが作られアーチのできた足になります。

扁平足になると、さまざまな症状を引き起こすので扁平足についてお話しをしていきます。

扁平足には2種類ある

幼少期の発育過程で作られる足のアーチ。

この時期に十分な運動が行われなかったり、骨格の異常や発育不全などが原因で扁平足になってしまったものを「先天性扁平足」と言います。

これに対して、しっかり土踏まずができたが骨折、捻挫、足の筋肉の疲労などが原因で大人になってから扁平足になってしまうものを「後天性扁平足」と言います。

特にスポーツをしている部活生などは、疲労により数日の間で土踏まずがなくなってしまう「急性扁平足障害」というものもあります。

扁平足になってしまうと?

扁平足になると、足の筋肉がうまく使えないので、歩き方に変な癖がついてしまいます。

そのために腰や膝、すねなどに痛みが出てしまう場合があります。

また歩き方の癖になれてしまうと、筋肉に偏りが出てしまってることになるので、治療期間が長くかかってしまいます。

本来土踏まずは、歩いたり走ったりジャンプしたりと、衝撃を吸収する役割があります。

扁平足になってしまうと、その分足に負担がかかるので「歩くと足がすぐ疲れてしまう」「足首や足の裏が痛い」と言った原因になってしまいます。

また、土踏まずがないために足の裏全体で地面に着くので、足の裏全体の血管が圧迫され血流も悪くなり「足がむくむ」「足が冷える」などの症状も出てきます。

扁平足になってしまう原因は?

ここでは、生まれつき骨格の異常などの先天性扁平足ではなく、生活習慣が密接に関係してくる後天性扁平足について話します。

後天性扁平足の原因は大きく3つに分けられます。

①運動不足による足の筋力の低下

土踏まずを保つためには、足の筋肉が非常に重要になってきます。

運動不足によって足の筋肉が弱くなってくると、土踏まずを維持できなくなってしまい扁平足になってしまいます。

実際に最近の子供たちは、公園など外で遊ぶ機会が減っていて運動不足な子が多く、扁平足な子が多いと言われています。

②足に合わない靴を履いている

自分の足のサイズ、形に合った靴を履き続けていると扁平足の原因となります。

自分の足に合わない靴を履くと、歩くときにうまく足の筋肉が使えないために筋肉のバランスが悪くなり扁平足になりやすくなります。

ヒールの高い靴を長く履かれている方は、特にへになりやすいと言われています。

③体重の増加

急な体重の増加も扁平足の原因の1つになります。

足のアーチは体重の全てを支えるので、体重の増加は足の裏の筋肉に負担をかけ、土踏まずを作っている靭帯が緩んでしまい扁平足になってしまいます。

体重の増加でなくても、日頃重たい物を持ったりアーチに負担がかかると扁平足の原因となってしまいます。

偏平足の予防

後天性の扁平足の多くが日常生活が原因になりますので、治療や予防も日常生活の中で十分に可能になります。

①つま先立ちを意識する

つま先立ちをすることで、ふくらはぎの筋肉を鍛えることができます。

ふくらはぎの筋肉には、土踏まずが平らにならないように引っ張ってくれる作用があるので、「時間がある時につま先立ちをする」「つま先立ちしながら歩く」などすると土踏まずを作ってくれる筋肉を鍛えられます。

②足の指でジャンケンをする

足の指でのグーチョキパーは、簡単で効率的なエクササイズになるので、お家でも簡単にできますね。

③専用の中敷きを使用する

扁平足用の中敷きがあるのをご存知ですか?

中敷きで土踏まずを作ってあげることで、疲れや痛みの悪化を防ぎます。

もちろん、中敷きを入れれば扁平足が治るわけではありません。

しかし、運動を行う際の補助として使うことでより効果的になります。

テーピングなどと併用してやるといいですね。

④裸足で生活する

意外と思われる方多いと思いますが、裸足の状態と靴下を履いている状態では全然使う足の筋肉が違うんです。

普段からスリッパや靴下を履いて過ごしている方は、意識して裸足で生活してみてましょう。

裸足で過ごすだけで、無意識のうちに足の筋肉を鍛えることができます。

子供の時の扁平足は、裸足での生活で十分予防する事ができます。

整体院トトノエルでの偏平足の治療

整体院トトノエルでは、扁平足によって起きてしまった足や膝、腰の痛みも取り除きながら根本の扁平足を治療していきます。

また、その人の生活環境から負担となっているものを導き出し改善法を提案します。

扁平足は、足の筋力不足や骨格の歪み、合わない靴を履くことにあります。

骨格の歪みを矯正し、トレーニングして土踏まずに必要な筋力を取り戻します。

また自宅でもできるトレーニング方法をお教えします。

合っている靴を履いているかしっかり診させていただいて、どのような靴がいいのかなども提案させていただきます。

骨格の歪みを矯正し、正常な状態を維持できる筋力がついてくれば、日常生活は問題なく過ごせます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

扁平足についておわかりいただけたと思います。

あなたが後天性扁平足であれば、日常生活に負担のかかることが多いかもしれません。

原因のなるものが分かれば、早めの予防が大切になります。

長年悩んでいた肩コリ・腰痛・足の痛みの原因が、扁平足ってこともあります。

整体院トトノエルにご相談ください。

お問い合わせ・ご予約

電話番号:048-789-447
「ホームページを見ました」と言っていただくとスムーズにご案内できます。
電話受付時間:平日9~20時、土曜:9~13時

↓24時間対応!LINE予約↓
・お名前
・症状やお悩み
・ご希望の日時
を送ってください。LINE,やましろ整体院トトノエル,栄和本院,埼玉 LINE,やましろ整体院トトノエル,みずほ台院,埼玉

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
林 祐子
栄和本院・院長 まず、何かあった時に第一選択肢として、頼ってもらえるよな院にするために 日々、施術にあたっています。 また女性院長ならではの対応を心がけています。 柔道整復師にしかできないことを、患者さんに還元していきます!!

関連記事

  1. 腸脛靭帯炎,ひざ,痛み

    腸脛靭帯炎ってなに?膝のケガの原因はお尻の筋肉かもしれません…

  2. ひざ,やましろ,整体院,トトノエル,埼玉

    膝の長く続く痛み!!実は変形性膝関節症になっているかも

  3. どんな人がケガをしやすい?柔道が原因で発症しやすいケガにご紹…

  4. ランナー,スポーツ

    捻挫やこむら返りだけではない!?マラソンやジョギングに多いケ…

  5. ケガで多い!足関節の捻挫についてご紹介

  6. 外反母趾とは?外反母趾について ご紹介

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA