大切なのは重心移動!

はじめに

今回はスポーツの正しい身体の使い方に書いていこうと思います。

まず初めに、なぜ身体の使い方を大切なのかをご説明したいと思います。

スポーツをするにあたって各競技特有の身体の動き方があると思います。

サッカーでいえばフェイントをかけるとき、守備をするときなど。

野球でいえばバッティングのとき、守備をするとき。

バスケ、バレーボールなど球技に限らず各競技の身体の動かし方があると思います。

ただ、ここでは全スポーツに共通するであろう身体の使い方を書いていこうと思います。

 

最初に体重移動と重心移動を説明したいと思います。

体重移動

体重移動で一番イメージしやすいのが陸上選手ではない子の徒競走のスタートです。

「スタート 子供」の画像検索結果

「ヨーイドン!」でスタートするときの動きが体重移動です。

軸足となる足に体重をのせてから移動する動きが体重移動です。

例えばサッカーでいえばボールを取ろうとし足だけを出そうとしている状態が体重移動です。

この場合の重心は軸足にあるため、とっさの動きには反応が出来ません。

重心移動

「バッティングイ...」の画像検索結果

重心移動でイメージするのが去年引退したイチロー選手のバッティングです。

少しわかりにくいかもしれません。

身体の重心はおへその下あたりにあります。

また、上半身の重心が胸の真ん中にあります。

この2つの重心を移動させることで動く移動方法を重心移動といいます。

この重心移動で身体が動かせると、とっさの動きにも反応が出来るようになります。

最後に

この体重移動と重心移動の違いを理解し、スポーツに応用していくとケガのリスクも抑えられます。

体重移動はパワーを使うので筋力、体力を使うので、その分疲労もたまります。

逆に重心移動はパワーを使わないので疲労度が少なくなります。

ただ、重心移動のやり方はコツをつかむまでは難しいので練習が必要です。

やり方は、教えることが出来ますので気になる方は聞いてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 野球少年に発症が多い野球肘の種類と症状を徹底的に解説します!…

  2. 運動神経がよくなるには

  3. なぜオスグッド病は子供に多いのか?膝の痛みについて徹底解説!…

  4. 子どもの筋トレ

  5. サッカー

    スポーツによる足の疲労骨折の原因、治療についてご紹介!

  6. スポーツをしている子どもたちに多い有痛性外脛骨!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA