子どもの筋トレ

はじめに

今回は子どもの筋トレについてお伝えしていこうと思います。 

子どもが筋肉を鍛えることにどのようなイメージを持たれているでしょうか? 

私は勉強するまでは身長が伸びなくなるのではないかと思っていました。 

最初に結論を言ってしまいますが、筋トレによって子供の身長が伸びなくなるというデータはありません。 

科学的根拠はないのです。 

昔は筋トレをすると関節や骨にいい影響を与えないと言われていたことが今でもイメージとして残ってしまっているのではないでしょうか!? 

今では逆で筋トレを行うことで成長ホルモンを活発にさせることが出来ると言われています。 

しかしやっていけない筋トレもあります。 

一つは過度に関節に負担をかけてしまうトレーニングです。 

代表的なのがウサギ跳びです。 

二つ目は器具を使った負荷の高いトレーニングです。 

過度に負担をかけることで子供の身長に影響を与えてしまうこともあります。  

 子供のトレーニング

子供のうちは、自重トレーニングがおススメです。 

自重トレーニングとは、自分の体重を負荷にして行うトレーニングのこと言います。 

年齢に応じたトレーニングを考えてあげるといいでしょう。 

「子どもの外遊び...」の画像検索結果

幼児期の子は、遊ぶこと身体を動かすことがすべてトレーニングになっています。 

滑り台やジャングルジムなど手と足を動かすすべての動作がすべて運動能力につながります。 

たくさん遊ばせてあげてください。 

 小学生

小学生はゴールデンエイジと言われ、+特に運動に関する神経系が発達するとても大切な時期です。 

スポーツ競技の動きを習得するための一つの方法として筋トレを取り入れるのもいいと思います。 

体幹トレーニングや床や立って行える簡単な筋トレもいいと思います。 

 中学生

中学生は身長も体重も急激に変化する時期です。 

身体も大きくなります。 

運動の強度も上がります。 

筋トレを行うことで身体を支える力が身に付きます。 

また、ケガの予防にもつながります。 

まだ高重量のトレーニングは必要ないです。 

自重トレーニングや軽めのダンベル、チューブを使った筋トレにしましょう。 

 高校生

高校生は身長、体重の急成長も落ち着いてくる時期です。 

少しずつ負荷をかけたトレーニングをすることでパフォーマンス向上につながります。 

 最後に

子どもの筋トレは自重にすることで適度の負荷を耐えることが出来ます。 

筋肉、骨の成長にもつながるので有効です。 

ぜひやってみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 充実したスポーツを送るために

  2. どうやったら足早くなる?

  3. 運動神経がよくなるには

  4. スポーツをしている子どもたちに多い有痛性外脛骨!

  5. 子供の運動不足解消!

  6. サッカー

    スポーツによる足の疲労骨折の原因、治療についてご紹介!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA