交通事故のむち打ち症。その症状と治療方法について

交通事故によって、首に不自然な力が加わることで「首が痛い・首が回らない」といった症状に悩まされ、治療方法を悩んでいる方はいらっしゃいませんか。

衝撃を受けた時に、むちがしなるように首が動くので、むち打ちと呼ばれています。

負傷してから時間差で痛みが発症することもあります。

この記事では、むち打ちの症状の特徴や治療方法についてご紹介します。

むち打ち症状の原因と予防

1-1.むち打ち症状の原因

むち打ちとは何か、どのような原因で起こるのか、治療方法についてもご説明いたします。

むち打ちは、交通事故の衝撃により、首の部分が、前後に連続して大きく動くためです。

そのときに筋肉、じん帯、椎間板、血管などが損傷するものとされます。

むち打ちの症状の原因には、自律神経が大きく関わっていると言われます。

体の働きは、自律神経を働かせる事で、刺激を受ける前の状態に戻そうとします。

しかし、常に同じ刺激を受け続けていると、自律神経の働きが、体の状態を元の状態の戻す事ができないです。

体本来の働きが衰えて、むち打ちの原因になり治療が必要になります。

症状が重くならないうちに、治療方法を知りたい方はまず病院に受診しましょう。

1-2. むち打ち症状の予防

むち打ち症状だけを対象とした特別な予防策はありませんが、スポーツトレーナーなど専門家の意見によります。

首への衝撃による症状の損傷を最小限に抑えるための対策ができます。

・首の曲げ伸ばしを柔軟にする

・首をギューッと縮めて両肩に埋めるようにする

・顔の下に手を当ててグーンと上に伸ばす動きを加える

というむち打ち症状を抑える対策行います。

症状が軽いと感じても、重症化を防ぐためにも早めに病院で受診し治療方法を確定させることが大切です。

むち打ち症状の対処方法や種類について

交通事故交通事故にあうと、むち打ちになる可能性があります。

もしもむち打ちになってしまったら、一刻も早く治療を受けたいですよね。

そこで今回は、どのようなむち打ちの対処法や治療方法があるのか見ていきましょう。

むち打ちにはいくつかの種類があり、それぞれで症状が異なります。

①頸椎捻挫型

②バレリュー症候群

③神経根型

④脊髄症状型

⑤脳脊髄液減少型

それぞれのむち打ちの症状について、詳しく見ていきましょう

2-1.けい椎捻挫型の主な症状

けい椎捻挫型とは、いわゆる首の捻挫のことをいいます。

交通事故の衝撃で首の筋肉やじん帯が傷ついた状態のことを指します。

むち打ちの症状になった7~8割の人が、このけい椎捻挫型になるといわれています。

症状は、首や肩、背中の痛みや動かしにくさです。

症状が軽いうちから治療を始めてすぐに治療を終わらせるのが理想です。

2-2.バレーリュー症候群の主な症状

バレーリュー症状型は、交通事故で衝撃を受けると、首の骨を通り越し自律神経を傷つけ衝撃で自律神経が損傷します。

自律神経のバランスが崩されることで発症する症状です。

・頭痛、めまい、耳鳴り、目のかすみ、視力低下

・後頭部の痛み、首や肩の痛みやこり

・疲れやすい

症状が軽いうちから治療を始めてすぐに治療を終わらせるのが理想です。

2-3.神経根型の主な症状

神経根症状型は、交通事故による衝撃で首の骨がゆがみ、神経の根本部分が損傷されることで発症する症状です。

・首や顔面の痛み

・体のだるさ

・腕の痛みやしびれ

症状が軽いうちから治療を始めてすぐに治療を終わらせるのが理想です。

2-4.脊髄症状型の主な症状

脊髄症状型は、交通事故の衝撃により神経や脊髄が損傷した場合に発症します。

むち打ちの症状の中で最も重症とされ、後遺症が残る可能性も高いといえます。

・腕や手、指先のしびれ

・足のしびれ、歩行障害

・排せつが困難

症状が軽いうちから治療を始めてすぐに治療を終わらせるのが理想です。

2-5.脳脊髄液減少型の主な症状

むち打ち症が何年も続いて治らない方の可能性の症状は、脳脊髄液という髄液が衝撃によってそれを覆っています。

くも膜という膜に傷が付き、そこから少しずつ漏れてしまう状態です。

・立っていたり座っていたりすると起こる頭痛

・さまざまな痛み

・疲れやすい、睡眠不足、常にだるさを感じる

・天候に左右される頭痛やめまい、耳鳴り

・自律神経症状

症状が軽いうちから治療を始めてすぐに治療を終わらせるのが理想です。

むち打ちの治療は、病院の整形外科で受けます。

治療内容としては、レントゲンやMRIで骨の異常を検査し、必要な場合は手術を行います。痛み止めや湿布の処方もしてくれます。

むち打ちの治療期間や治療方法

むち打ちの症状の治療は1回だけで終わること少なく、約9割の人が3カ月間の治療で完治しています。

しかし、6カ月間の治療でも完治しないケースもあるので、3カ月間の治療が必要というのは、あくまで目安として捉えた方がよいでしょう。

多くの場合は、これくらいの治療期間で痛みがなくなるか、または気にならない程度に緩和されます。

むち打ちの症状を早く良くするには、治療を怠らず、通院を続けるとよいでしょう。

むち打ちの症状は首の捻挫です。まずは衝撃を受けて痛んで炎症を起こした患部を冷やし、固定し、安静にすることです。

固定する方法ですが、じん帯まで損傷があるなど症状が重い場合、初回治療で首用コルセットを着用することがあります。

首周りを大きく厚く巻くので一見してむち打ち症と分かります。

日常の動作が多少緩慢になってしまっても周囲は理解を示してくれるでしょう。

むち打ちの症状は、時期により治療方法が異なるようです。

まとめ

今回、むち打ちの症状の特徴や治療方法についてご紹介しました。

日常生活の軽い動きは、健康であれば何の問題もありません。

むち打ちの症状の首にはほんの少し顔の向きを変えることも大変な負担なのです。

治療が終わらないうちに、首に負担をかけ続けてしまうことも慢性むち打ち症になってしまう原因です。

症状を早く良くするには医療機関へ通院し、治療を怠らず、通院を続けることが良いでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 問診

    どんな人がケガをしやすい?テニス人多いケガについてご紹介しま…

  2. ドライブレコーダー

    ドライブレコーダーは交通事故に役立つ!取り付け位置に注意

  3. 【交通事故】打撲してしまった場合の治療は接骨院でも可能なの?…

  4. スマホ

    眼精疲労の原因はテレビとスマホ?症状を防ぐためのポイントとは…

  5. 交通事故に一番多いムチウチ4代症状について解説!後遺症にも注…

  6. 山城宏統

    受付時間変更のお知らせ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA