夏の外出は要注意!?なぜ夏に交通事故は増えるのか


毎日起こっていると言われる交通事故ですが、夏は特に交通事故が増えると言われています。
夏の外出以外にもゴールデンウイークや年末年始など、長期休暇が取りやすい時期の外出は交通事故が一年間で多くなりがちです。
では、2020年の夏はどうなのでしょうか。
新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が解除されたあとの夏の期間、外出によってどのような交通事故が予想されるか考えてみましょう。

外出自粛によるストレスによる夏の外出

毎年、夏の期間の外出は交通事故が増えると言われています。
特に、2020年夏の外出は交通事故が多くなりそうな予感がしますね。

まず、コロナウイルスによる不安などのストレスを発散させるため夏の外出増加が予想されます。
2020年の春から夏にかけて、学校や職場、近所への外出ですら制限された状況でした。
外出できたとしても、マスクの着用や消毒の徹底など楽しいものではないですよね。

コロナウイルスによる外出自粛期間が、夏まで続くとはじめは予想していなかったですよね。
外出自粛期間は、私たちの予想よりも長く、多くの方はゴールデンウイークを自宅で過ごしたのではないでしょうか。
本来なら、帰省や旅行、部活などさまざまな予定で埋まっていたはずです。
しかし、外出を控えるため、予定をキャンセルして自宅で過ごすというのはとてもストレスを感じますよね。

長期にわたる外出自粛のストレスが、夏の外出によって発散されると予想されます。
夏に外出をするということは、車や人の交通量が増えるので、交通事故が増加するのです。
現に、外出自粛が実施されていた2020年4月は、交通事故件数が例年の30~40%も減少したそうです。

帰省や旅行の予定変更

夏の外出と言えば、帰省や旅行です。
夏はいつも海外で過ごすという方もいるでしょう。
しかし、今年の夏はコロナウイルスの影響もあり国内で過ごされる方が増えると思われます。

夏の外出での移動には何を使いますか?
コロナウイルス対策で、国内の外出も交通公共機関の利用を控える方も多いのではないでしょうか。

そのような状況になると、夏の外出に自家用車を利用する方が増えます。
結果、夏の外出で交通事故に遭う方が増加するのです。

同じ時期に外出する方が増えると、混雑するのが高速道路です。
毎年、夏の高速道路渋滞はとてもストレスが溜まりますよね。
運転中のイライラや疲労は、判断力を鈍らせるため交通事故を起こしやすくなります。

また、交通事故が増えるのは、高速道路だけではありません。
住宅街などの細い道でも交通事故は起こります。
特に一時停止や一方通行の多い道は、要注意です。
普段その道路を使っていない人が誤って逆走してくる、一時停止に気づかなくて交通事故が起こる場合があります。

夏休み中の子どもとの交通事故

2020年のコロナウイルス騒動により、大きな影響を受けたのは大人だけではありません。
子どもたちは、授業や部活の休止で長期間外出が制限されていました。
そして、緊急事態宣言が解除されてからも分散登校などで思いっきり遊びに行くなど外出を楽しめていません。

夏の外出による交通事故は、車同士だけではありません。
歩行中や自転車に乗っている子どもとの接触も交通事故です。

今まで外出が制限されていた分、遊びに行きたい・塾で勉強をしたいなどの理由で夏に外出する子どもが増加します。
先程、住宅街での交通事故もたくさん起こるとお伝えしました。
自分が車を運転していたとして、歩行中や自転車で外出している子どもが一時停止をきちんと守るでしょうか。
子どもが飛び出してきて、交通事故になる可能性がとても高いように感じませんか。

子どもの外出が増える夏の期間中は、交通事故に気をつけましょう。

交通事故に遭ったときは早めに病院へ

 

夏の期間に関わらず、あなたは交通事故に遭ったことはありますか?
交通事故に遭ってから数日後に体が痛くなると言われることがあります。
交通事故直後は、気が動転して自分の体の痛みに対して鈍感になっている場合があるのです。
交通事故に遭ったら、そのときは痛みを強く感じていなくても念のため病院を受診しましょう。

やましろ接骨院では、交通事故に遭われた患者様は22時まで受付しています。
交通事故に遭っても、よっぽどでなければお仕事は続けなくてはならないですよね。
そんな方にも安心して施術を受けていただけるように体制を整えておりますので、遠慮なくご相談ください。

当院でも、夏の期間中は交通事故に遭われる方が多くなります。
夏に帰省や旅行などの外出を考えている方は注意していただき、万が一の場合はご連絡ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
夏の外出により、交通事故が増える理由はお分かりいただけたでしょうか。
特に2020年は、外出自粛の影響でより多くの方が夏に外出することが予想されます。
今まで外出を我慢した分、夏を楽しみたい気持ちはみんな一緒です。
ただ、交通事故に遭う確率が増えるということを頭の片隅に置いておいてください。
歩行中や運転中、どちらにせよ交通事故に気を付けて夏を満喫しましょうね。

お問い合わせ・ご予約

電話番号:048-789-447
「ホームページを見ました」と言っていただくとスムーズにご案内できます。
電話受付時間:平日9~20時、土曜:9~13時


↓24時間対応!LINE予約↓
・お名前
・症状やお悩み
・ご希望の日時
を送ってください。

LINE,やましろ整体院トトノエル,栄和本院,埼玉 LINE,やましろ整体院トトノエル,みずほ台院,埼玉

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
山城 宏統

山城 宏統

「株式会社ビグス 代表取締役」「やましろ接骨院・鍼灸院 総院長」 症状が出ている原因がはっきりしないまま治療することが嫌いです。うちに来ていただいた以上、どうしたら悩みを解決できるのか?その糸口が必ず見つかるよう全力で施術にあたります。柔道整復師という職業を子どもが目指したい職業にランクインさせることが目標です!

関連記事

  1. 交通事故

    交通事故に遭ってむちうちによる首の痛みはどうしたらいいの?

  2. 元気,子ども

    子供のケガを接骨院で治療すると良いのはどんな時?

  3. 腰痛

    交通事故での腰の痛みは接骨院で治療も補償も受けられます

  4. 中鉢 加奈江

    自己紹介(本院受付:中鉢)

  5. 林 祐子

    やましろ接骨院本院の院長ってどんな人?!

  6. 夏休みは子供との交通事故に注意‼︎

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA