捻挫のクセにならないためには?しっかり治療しよう

足,ケガ

ちょっとした段差、サッカー、バスケット、バレーボールなどのスポーツ時に、ふとした瞬間に足首はひねってしまいますよね。

今回はケガの中でも頻繁に起こりやすい、放っておかれがちな足首の捻挫(ねんざ)についてお話しします。

 

捻挫とは

捻挫とは、関節の動く範囲を超えるような力が加わることによって靭帯が伸びたり切れてしまったりする事をいいます。

全ての関節においてこのような事が起これば捻挫と言うんですが、人間の身体の中で最も多い捻挫のうちの1つが足首の捻挫、足関節捻挫になるわけです。

関節は、骨と骨との連結の事で身体の動きを可能にするために、必要な可動域を持っています。

関節は関節包という袋に包まれていて、骨同士を繋ぐ靭帯などによって構成されます。

足関節は、ふくらはぎのところの骨である脛骨と腓骨、足首の骨である距骨の3つの骨同士の連結で足首の前後左右色んな方向に動かせる関節になります。

捻挫はケガの度合いに関係なく、靭帯が傷付く・切れてしまうので内出血を引き起こし、関節が腫れます。

また、捻挫には損傷のレベルがあり靭帯が伸ばされてしまった比較的軽いものから、靭帯が完全に切れてしまう重症な例まであります。

単なる捻挫かと思っていたら、骨折や脱臼を伴っているものまであるので、ひねってしまったと軽い気持ちではなくすぐに接骨院で診てもらいましょう。

 

自分でできる捻挫の応急処置

捻挫は出先、家、部活中など突然に訪れます。したくてする人はいないでしょう。

もし捻挫をしてしまったらまずは次の応急処置をしてください。

  • REST 安静
  • ICING 冷やす
  • COMPRESSION 圧迫
  • ELEVATION 心臓より高く上げる

RICE処置と言われるもので捻挫だけではなくぶつけてしまった、転んでしまったなどケガをしてしまって、やましろ接骨院・鍼灸院がやってない、今すぐ行けない時はまずこのRICE処置をやってくださいね。

ケガされてから72時間は炎症が続くと言われております。

このRICE処置がしっかりできているかどうか、でケガの回復の時間が全然違うので、やましろ接骨院・鍼灸院に来てない間はやってくださいね。

 

やましろ接骨院・鍼灸院の治療

やましろ接骨院・鍼灸院では、前述したアイシングを行ってまず炎症を最小限に抑え、低周波・超音波治療機器などで痛みや腫れや治癒の為の細胞の活性化を行います。

捻挫の治療後に足首の関節・靭帯を安定をさせるために包帯固定や、捻挫の度合いによってはギプス固定などで保護します。

捻挫の炎症が落ち着くと何もしなくてもズキズキする痛みは無くなり、動かすと痛い状態になります。

そうなったらアイシングを止め患部を温める治療に切り替えて循環を良くしていき、患部に溜まった炎症物質などを流し、新鮮な血液を入れてあげることで更に治癒の促進をします。

また固定や、痛みなどで足首を動かしていない為に関節周辺の組織が硬くなってしまうんですが、温めることで硬くなった組織を柔らかくし関節が固まるのを防ぎます。

そしてある程度痛みが引いてきたら日常生活やスポーツに支障がないように少しずつ足首を動かしていき少しずつ運動強度を高めていってスポーツ、日常生活へ復帰します。

 

捻挫のリハビリ

リハビリの目的は

  • 足首の動きを回復させること
  • 筋力を強化して関節の安定性を高めること

足首をいきなり大きく動かすのはまた痛めてしまう可能性があるので、足の指の運動やスクワットなど、足首周囲の筋肉・関節を使っていきます。

できるだけ筋力低下、関節の柔軟性の低下を防ぎます。

痛みが取れてきたら、ストレッチなどで動きの悪くなった関節を少しずつ動かしていき本来の動きに戻していきます。

これらのリハビリには電気治療なども併用し早期の治癒を目指します。

当院では、「大切な試合や旅行前に捻挫してしまった」「時間がない」「とにかく早く治したい」という方には、前述の治療に鍼治療と酸素カプセルを併用して人の身体を治す力を最大限に使い大切な日に間に合わせています。

 

まとめ

捻挫はよくクセになるといいますよね。

それは大きな間違いで、捻挫した時にしっかり治療していればクセにはならないんです。

捻挫したときに、不完全な完治の状態で動いてしまうと関節を支える靭帯が元の状態で修復せずに伸びて修復されます。

そうなってしまうといわゆる関節の緩い状態になってしまい捻挫を繰り返す、クセになる状態になってしまいます。

なので捻挫だからといって軽くみずしっかり固定して治療していくことが大切になるんです。

捻挫は誰にでも起こる怪我になります。

甘く見ていると将来大きな代償を払うことになるかもしれませんのでしっかり治療していきましょう!

やましろ接骨院・鍼灸院ではプロスポーツ選手をはじめ、学生・少年団など多くのスポーツをする方が治療に来られています。

スポーツのケガの治療には自信があります。

捻挫してしまった、今はしてないが捻挫グセがあるなどお悩みありましたらまずご相談ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. ふともも

    前ももの疲れはオスグットの可能性がありますよ

  2. 子供のケガ(骨折、ねんざ、打撲など)を接骨院で治療すると良い…

  3. 子どものヒザの痛みとは?ヒザの痛みの治療・予防を紹介

  4. 腰痛

    ギックリ腰とは?ギックリ腰の痛み原因・対処を伝授

  5. ひざ

    走ると膝が痛む原因は?ランナー膝の治療などを説明

  6. ふくらはぎ

    急に襲う肉離れ!肉離れの原因・治療・予防法は?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA