正中神経麻痺とは?手の痛みの原因や治療方法について

手の痛みや指がしびれるなどの症状で一度病院に行ってみようと思った方はいませんか。

 そして、病院で正中神経麻痺(せいちゅうしんけいまひ)と診断され、手の痛みで不安になられてはいないでしょうか?

正中神経麻痺の手の痛みの症状、原因、リハビリや治療方法についてご紹介します。

正中神経麻痺の手の痛みの原因

人の体にはさまざまな神経があり、その中の一つに正中神経と呼ばれる神経があります。

人体の指や腕の感覚と関連している正中神経に障害が発生します。

感覚障害や運動障害を発症してしまう状態を正中神経麻痺と呼ばれています。

正中神経麻痺の手の痛みの原因は、開放創やケガ、骨折などの外傷、手根管症候群や回内筋症候群などがあります。

前骨間神経麻痺の手の痛みの原因は、神経炎や運動のしすぎによる回内筋症候群(かいないきんしょうこうぐん)などの神経障害などで痛みを生じます。

有名な自律神経などと比べると比較的知られていない神経です。

ですので、正中神経の手の痛みってどんな症状と思われる方が多いと思います。

正中神経は手にとって最も重要な神経です。

親指と人差し指、中指、薬指の一部分にかけて感覚を脳に伝える役割をしています。

正中神経は運動機能にも関連性があり手を曲げ伸ばしする時にも重要な役割をはたします。

また、親指を動かすための筋肉にも深く密接しています。

正中神経の手の痛みは、鋭敏な感覚と巧緻性を要求される手にとって致命的なケガです。

このように手の正中神経は、人体の指先を中心とした曲げ伸ばしする事に関してとても重要な働きをします。

神経組織であると言うことで、手の痛みを伴うと動きがしづらくなります。

一言で正中神経と言ってもその長さは長く上腕から指先に至るまで延びております。

途中でいくつも分枝しながら走行しているので、手の痛みがでる部位によって現れる症状に差が見られます。

人体の手の動きは基本的に無意識で行っている動きです。

とても多くの筋肉の動きにより支配されて手を動かす事がなりたっています。

複雑な仕組みにより手を動かす事が成立している中で、正中神経はとても重要な存在です。

動作や指先からの感覚を得ることにも関連しています。

正中神経麻痺になると手の痛みで指の柔軟な動きがしづらくなります。

正中神経麻痺の手の痛みの予防

正中神経は、手にとって最も重要な神経です。

正中神経麻痺手の痛みがひどい方は早く改善させるためには「安静」が一番です。

手の痛みの改善には、水分を多めに飲んだり、お風呂に入ったりします。

血流が良くなり早くよくなりやすいです。

重傷の場合もこのお風呂や水分を多く取ることは大切なのです。

しかし、病院で正中神経麻痺の手の痛みの検査を受けているのなら、一番早く痛みを改善させる方法は安静です。

できる限り手を使わないことが一番です。

手を使わないと言うことは難しいと思います。

育児や家事で手を使うときは、できる限り手の痛みのある逆の痛くない手で作業する事を強くお勧めします。

正中神経麻痺の手の痛みの対処法

正中神経の傷害がどこで生じているかによって手の痛みの症状が異なります

・肘より上のレベルの外傷による障害

・母指から環指母指側1/2までの手のひら側の感覚障害

・手首を曲げる・手指を曲げること、さらに手部では母指の付け根の筋肉の障害

前腕から手首までの間の正中神経の傷害では、母指~環指1/2指の感覚障害と母指球筋障害を呈します。

前骨間神経麻痺では母指と示指の第1関節を曲げることが難しくなります。

肌の感覚障害はありません。

病院では正中神経麻痺の手の痛みを発症しています。

疑われる患者に対し運動障害と感覚障害の様子を判断する事により診断が出されます。

具体例としては、手のひら側の手首を専用の道具で刺激を与えます。

その際に手の痛みやしびれが指先にまで走る事が確認されると陽性です。

そして、正中神経麻痺の手の痛みを発症している原因には骨折や神経炎、腫瘍などがあります。

それらを、正確に診断するためにレントゲンやMRI、CTなどがおこなわれます。

それぞれ、正中神経麻痺の手の痛みの対処法はことなります。

正中神経麻痺の手の痛みの治療法

正中神経麻痺の診察結果が軽いと保存療法で行います。

腫瘍や外傷により発症していてわし手などにつながっているのなら手術療法が選ばれます。

原因が明らかでないものや回復の可能性のある手の痛みは保存治療が行われます。

3ヵ月ほど様子を見て回復しないものや麻痺が進行する手の痛みは手術が必要です。

正中神経麻痺の手の痛みの治保存的療法

・局所の安静、薬剤内服、運動療法などが行われます。

正中神経麻痺の手の痛みの治手術療法

正中神経麻痺の手の痛みの症状を我慢し続けるよりも、まずは検査を受け原因を突き止めることが大切です。

まとめ

正中神経は手にとって最も重要な神経です。

正中神経の手の痛みは、鋭敏な感覚と指先の器用さを要求されます。

手にとって大きなダーメジを負うことになります。

正中神経麻痺の手の痛みは、できる限り手を動かさないで安静にする事が一番の回復の近道です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 鍼灸

    鍼灸施術と矯正施術を同時に受けるメリットとは?

  2. サッカー,ケガ

    どんな人がケガしやすい?サッカーが原因で発症しやすいケガにつ…

  3. ひざ,やましろ,整体院,トトノエル,埼玉

    走ると膝が痛む原因は?ランナー膝の治療などを説明

  4. PC

    手首に痛みがサイン!?若い男性に発症が多いキーンベック病とは…

  5. どんな人がケガしやすい?卓球が原因で発症しやすいケガについて…

  6. ばね股とは?股関節におこる炎症、ばね股についてご紹介します

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA