夜中の激痛にサヨナラ!攣る原因と対処法を徹底解説」

The following two tabs change content below.

林 祐子

やましろ接骨院本院院長株式会社ビグス
やましろ接骨院本院・院長 柔道整復師になり10年以上の現場経験を持っています。まだまだ未熟ですが、怪我をした時や、困った時にまず第一選択肢として、やましろ接骨院を頼ってもらえるような院にするために日々、患者さんの施術にあたっています。また、女性院長ならではの対応を心がけています。女性にしかわからない悩みなどなにかあった時には頼ってください。 柔道整復師にしかできないことを、患者さんに還元していきます!!

攣るというのは一体どういうことか?

攣る(つる)という現象は、筋肉が急激に収縮し、その状態が持続することを指します。
一般的には「筋肉の痙攣」や「筋肉のけいれん」と呼ばれます。
この状態は通常、短時間で自然に治まることが多いですが、その間に強い痛みや不快感を伴うため、非常に辛い経験となります。

筋肉の攣りは、運動中や休息中に突然発生し、多くの人が一度は経験したことがある現象です。
特にふくらはぎや太ももなど、よく使う筋肉で発生することが多いです。
攣りが起きると、その部分の筋肉が硬直し、痛みとともに動かしにくくなります。

攣る原因とは?

筋肉が攣る原因は様々ですが、主に以下のような要因が考えられます。

1. 筋肉の疲労

長時間の運動や過度の負荷が筋肉にかかると、筋肉が疲労しやすくなります。
疲労が蓄積すると、筋肉の収縮と弛緩のバランスが崩れ、痙攣を引き起こしやすくなります。
例えば、長時間のランニングや過度な筋力トレーニングなどがこれに該当します。

2. 電解質のバランスの乱れ

筋肉の正常な収縮には、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどの電解質が重要な役割を果たしています。これらの電解質が不足したり、過剰になったりすると、筋肉の正常な機能が妨げられ、攣りを引き起こすことがあります。特に、脱水症状により電解質バランスが崩れることが多いです。
夏場の運動や発汗の多い環境では特に注意が必要です。

3. 血行不良

長時間同じ姿勢でいると、筋肉への血流が悪くなり、酸素や栄養素が不足することで筋肉が攣ることがあります。
例えば、デスクワークで長時間座っている場合や、長時間のフライトで同じ姿勢を続ける場合がこれに該当します。

4. 急激な温度変化

急激な温度変化(例えば、寒い環境で急に運動を始めるなど)は、筋肉の収縮・弛緩のメカニズムに影響を及ぼし、攣りを引き起こす可能性があります。特に冬場の運動時には、ウォームアップを十分に行うことが重要です。

5. 病気や薬の副作用

一部の病気(例えば、糖尿病や神経系の障害)や特定の薬(利尿薬や降圧薬など)の副作用として筋肉が攣ることがあります。これらの場合は、医師の診断と指導が必要です。

攣ってしまうと体はどうなるか?

筋肉が攣ると、その部分の筋肉が突然硬直し、激しい痛みを伴います。
攣った筋肉は一時的に機能を失い、動かすことが難しくなります。
この状態が続くと、攣った筋肉だけでなく、その周囲の筋肉や関節にも影響を及ぼし、さらなる痛みや不快感を引き起こす可能性があります。

攣りが頻繁に起こる場合、筋肉には慢性的な疲労や緊張が蓄積し、柔軟性が低下します。
これにより、運動能力が低下し、怪我のリスクも高まります。
また、攣りが頻繁に起こる部位には、長期的なダメージが蓄積する可能性もあります。

例えば、ふくらはぎが攣ると、その部分の筋肉が硬直し、歩行や立ち上がりが困難になります。
攣りが治まった後も、筋肉には疲労感や軽い痛みが残ることが多く、これが頻繁に起こると日常生活に支障をきたすことがあります。

攣ってしまった時の対処法

攣りが起きた時には、以下の対処法を試みると効果的です。

1. ストレッチ

攣った筋肉をゆっくりと伸ばすことで、緊張を和らげることができます。
例えば、足が攣った場合は、つま先を手で引っ張り、ふくらはぎの筋肉を伸ばすと良いでしょう。
また、攣った筋肉を反対方向に引っ張るようにストレッチすることも有効です。

2. マッサージ

攣った筋肉を優しくマッサージすることで、血行を促進し、筋肉の緊張をほぐすことができます。
手のひらや指を使って、攣った部分を軽く揉むようにマッサージします。
これにより、筋肉の収縮が緩和され、痛みが軽減されます。

3. 温かいタオルやお風呂

温めることで血流が改善され、筋肉の緊張を緩和することができます。
温かいタオルを攣った部分に当てるか、温かいお風呂に入ると効果的です。
温熱療法は、筋肉のリラクゼーションを促進し、痛みを和らげるのに役立ちます。

4. 水分補給

脱水症状が原因で筋肉が攣ることがあるため、水分を十分に補給することも大切です。
特に運動後や暑い環境での活動後は、電解質を含むスポーツドリンクなどを摂取することをおすすめします。
これにより、体内の電解質バランスが整い、攣りの予防につながります。

攣らないようにするにはどうしたらいいか?

攣りを予防するためには、以下のポイントに注意すると良いでしょう。

1. 定期的なストレッチ

運動前後に筋肉をしっかりとストレッチすることで、筋肉の柔軟性を保ち、攣りを予防することができます。
また、日常的にストレッチを行うことで、筋肉の柔軟性と血流を改善することも重要です。
特に、運動習慣のない人やデスクワークが多い人は、日常的なストレッチを取り入れることで攣りの予防に効果的です。

2. 適度な運動

筋肉を適度に鍛えることで、疲労に強い筋肉を作り、攣りにくい体を作ることができます。
ただし、過度な運動は逆効果となるため、バランスの取れた運動を心がけましょう。
例えば、週に数回の有酸素運動や筋力トレーニングを取り入れることで、筋肉の健康を維持することができます。

3. バランスの取れた食事

カリウム、カルシウム、マグネシウムなどの電解質を含む食品を積極的に摂取することが大切です。
例えば、バナナ、乳製品、ナッツ類、緑黄色野菜などがこれらの栄養素を豊富に含んでいます。
バランスの取れた食事を心がけ、特に運動量が多い方や暑い環境で活動する方は、電解質補給を意識しましょう。

4. 十分な水分補給

日常的に十分な水分を摂取することで、体内の電解質バランスを保つことができます。
特に運動時や暑い環境での活動時には、こまめに水分補給を行いましょう。
水分不足は筋肉の攣りを引き起こす大きな原因となるため、適切な水分補給は非常に重要です。

5. 適切な温度管理

寒い環境での活動時には、適切な防寒対策を行い、筋肉が冷えないように注意しましょう。
また、運動前にはウォームアップをしっかり行い、筋肉を温めてから活動を開始することが重要です。
これにより、急激な温度変化による筋肉の攣りを防ぐことができます。

まとめ

筋肉が攣るという現象は、多くの人が経験する不快な症状です。しかし、原因を理解し、適切な対処法を知ることで、攣りを予防し、症状を緩和することができます。
日常生活において、ストレッチや適度な運動、バランスの取れた食事、水分補給などを心がけることで、攣りにくい健康な体を維持することができるでしょう。

攣りが頻繁に起こる場合や、強い痛みが続く場合は、専門の医療機関を受診し、適切な診断と治療を受けることをおすすめします。
また、病気や薬の副作用が原因である場合もあるため、医師の指導を受けることが重要です。

日常のケアと予防策をしっかりと行い、筋肉の健康を保つことで、攣りによる不快な症状を防ぎ、快適な生活を送ることができるでしょう。攣りの原因や対処法を理解し、適切な予防策を講じることで、筋肉の攣りに悩まされることのない健康な体を手に入れましょう。

 

お問い合わせ・ご予約

電話番号:049-214-0800
「ホームページを見ました」と言っていただくとスムーズにご案内できます。
電話受付時間:平日9~20時、土曜:9~13時

↓24時間対応!LINE予約↓
・お名前
・症状やお悩み
・ご希望の日時
を送ってください。

LINE,やましろ整体院トトノエル,栄和本院,埼玉

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

webでお問い合わせ LINEで栄和本院へお問い合わせ LINEでみずほ台院へお問い合わせ

関連記事

  1. 変形性膝関節症について

  2. 夏,日差し

    女性に多いバネ指はなぜ起きるのか!?気になる治療方法も分かり…

  3. 土踏まず

    偏平足は身体の不調を引き起こす!偏平足の治療方法とは?

  4. 実際はどういう症状かよくわからない!骨折の総論についてご紹介…

  5. 目を酷使すれば、疲れ目は仕方ないと思っていませんか? 頭痛な…

  6. 膝痛

    有痛性分裂膝蓋骨とは?有痛性分裂膝蓋骨についてご紹介します