有痛性分裂膝蓋骨とは?有痛性分裂膝蓋骨についてご紹介します

膝痛

この記事は、有痛性分裂膝蓋骨(ゆうつうせいぶんれつしつがいこつ)の原因や、有痛性分裂膝蓋骨の症状についてわかりやすく紹介します。

有痛性分裂膝蓋骨の特徴、治療方法も解説します。

有痛性分裂膝蓋骨とは?

有痛性分裂膝蓋骨とは、どんな病気なのでしょう?

膝はさまざまな原因により痛みが発生することが多い関節です。

有痛性分裂膝蓋骨とは、膝の皿(膝蓋骨)に痛みの出るスポーツの障害です。

・走る

・ジャンプ

・踏み込む

などをする運動や、膝の皿を指で押した時などに痛みを感じます。

有痛性分裂膝蓋骨がよくおきるスポーツは、

・サッカー

・バスケットボール

・陸上競技(特に短距離)

・野球

・バレーボール

などです。

これらのスポーツの特徴は、走り込み・急激なダッシュ・急激な停止などです。

大腿四頭筋(だいたいよんとうきん)を急激に収縮することです。

膝蓋骨の一部分が分離したものを分裂膝蓋骨といいます。

痛みを訴える場合を分裂性膝蓋骨と呼びます。

他の膝の病気にも同じような症状が現れことがあります。

有痛性分裂膝蓋骨の場合、通常1つの膝の皿が、生まれつきやスポーツや事故によって割れて、2つ以上になってしまいます。

痛みがひどくなると、階段の上り下りや歩くことにも支障をきたします。

有痛性分裂膝蓋骨の症状・原因・診断

有痛性分裂膝蓋骨の症状

有痛性分裂膝蓋骨の症状は、通常1つである膝の皿が二個以上に分裂してしまう病気です。

その原因は不明です。

分裂していても痛みはありませんが、痛みが出てくると有痛性分裂膝蓋骨と診断されます。

特に、成長期の15歳以下の男子は、骨や筋肉が成長する期間があります。

膝が不安定で、有痛性分裂膝蓋骨をおこしやすいです。

有痛性分裂膝蓋骨は左右差があまりなく、利き足とは関係なく発症します。

・有痛性分裂膝蓋骨の原因

膝蓋骨が分かれる原因は、はっきりとしていません。

有痛性分裂膝蓋骨の主な原因は、うまれつき膝の皿が割れたような形になっている場合があります。

また、生まれつきの膝の形に加え、膝に大きな衝撃が加わり、この皿の部分が割れてしまう場合もあがります。

激しいスポーツなどで、分裂した部分にストレスがかかり、炎症がおき痛みが出ます。

また、膝の蓋骨についている大腿四頭筋に強い力がかかることでも痛み出します。

大きな膝への負担がたまり、転倒などのケガが引き金で、有痛性分裂膝蓋骨を発症することもあります。

・有痛性分裂膝蓋骨の診断

有痛性分裂膝蓋骨の検査には、レントゲンやCT検査などの画像検査が行われます。

痛みを感じる膝を画像診断し、膝の膝蓋骨の状態を診ます。

もし、膝の膝蓋骨に分裂があった場合は、有痛性分裂膝蓋骨であると確定できます。

また、レントゲンの撮影条件によっては、大腿骨と分裂骨片(ぶんれつこっぺん)が重なり撮影されることもあります。

必ず軸写像(じくしゃぞう)を撮影します。

有痛成分裂膝蓋骨の治療と予防方法

有痛成分裂膝蓋骨の治療

有痛性分裂膝蓋骨の治療法として、基本は手術などはしません。

保存療法を行います。

有痛性分裂膝蓋骨の保存療法はさまざまあります。

激しい運動は避けることや、安静にすることが大事です。

リハビリテーションとして、電気治療や温熱療法などを行います。

その他では、ストレッチやマッサージをすることで、回復が見込めます。

また、一向に良くならない場合は痛みがある部分に注射をして痛みを和らげ・炎症を抑える薬を飲むこともあります。

有痛性膝蓋骨分裂の痛みが強く、安静にしても改善しない場合もあります。

分離した骨を取り出し、分離した骨を癒合(ゆごう)する手術を行う場合もあります。

有痛性分裂膝蓋骨を放置しても分裂部が骨癒合することもあります。

分裂したまま成人となり痛みの症状がなくなる例もあります。

しかし、有痛性分裂膝蓋骨の場合、癒合せず分裂部はむしろ拡大します。

痛みも続き、悪化する場合が多いため、成長終了後に手術が必要となる場合もあります。

軽症であれば、運動を継続する場合は運動前に大腿四頭筋のストレッチや運動後のアイシングを行います。

有痛性分裂膝蓋骨の予防

スポーツを中止し、膝の皿にストレスがかからないようにすれば多くの場合は3カ月程度で痛みは改善します。

膝周囲の筋肉の柔軟性をつけるストレッチを十分にしましょう。

有痛性分裂膝蓋骨の再発の予防に努めます。

まとめ

今回は有痛性分裂膝蓋骨について紹介しました。

有痛性分裂膝蓋骨は、膝の皿に痛みの出るスポーツの障害です。

有痛性分裂膝蓋骨の予防は

・練習前後のストレッチ

・激しい運動は避ける

・安静にする

などが大切です。

膝の皿の痛みや違和感が続いた場合は、すぐに病院を受診しましょう。

先生に正しい診断をしてもらいましょう。

有痛性分裂膝蓋骨にならないように、準備運動やストレッチをしっかりとおこないましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 足の痛み!実は足根洞症候群なのかも!

  2. 肉離れがおきたらどうすればいいの?ハムストリングの肉離れ!!…

  3. 正中神経麻痺とは?手の痛みの原因や治療方法について

  4. 三角骨障害が起こらない人もいる!?足の痛みを起こす三角骨障害…

  5. スポーツをしている子どもたちに多い有痛性外脛骨!

  6. 肘部管症候群とは?症状や病院での治療法について

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA