交通事故に一番多いムチウチ4代症状について解説!後遺症にも注意が必要

交通事故でよく聞かれる「ムチウチ」という症状。一般的に聞いたことはあるけれど、一体どのような症状なのかわからないという方は多いはずです。

ムチウチとは損害を受けた原因を示す用語であり病名でありません

またムチウチは、交通事故に遭った直後に症状として現れることもありますが、そうでない場合も多く大丈夫だろうと放置していたら実はムチウチだったという方もおられます。

多くの方が交通事故に遭ってから知る「ムチウチ」ですが、予備知識を普段から持つことで、事故後の通院対応や事故加害者に請求する治療費、さらには後遺障害等級認定などをスムーズに進められます。

ここでは、交通事故に遭ってからじゃ遅い「ムチウチの4代症状」について解説します。

この記事をご覧になり交通事故への備えとなれば幸いでございます。

ムチウチとはどんな症状なの?交通事故後にこんな症状が出たら疑いましょう!

なんとなく「ムチウチ」という名称は聞いたことがあるけれど、一体どのような症状なのか知らない方が多いです。

ムチウチとは、交通事故等によって首に衝撃が加わり生じる「首の捻挫」で、損害を受けた原因を示す用語であり、決して病名ではありません。

鞭がしなるように衝撃が加わることから、「ムチウチ」と呼ばれています。

首の上にある頭部は非常に重いため、交通事故により強い衝撃が首に加わると、体が前後に大きく揺さぶられますよね。

この時、何が起きているかというと上半身のみ前面に押し出され、重たい頭だけが後方に残る状態になります。このような状態ですと、支持組織の弱い首に障害が出ることが多いのです。

ムチウチの主な症状は次の通りです。

  • 頭痛
  • 最近疲れやすい
  • 不眠状態が続いている
  • めまい等の症状が現れた
  • 交通事故後に首周辺の痛みが現れ継続している
  • 集中力がなくなっている
  • 気象条件によって首の痛みが強く出ることがある

上記のような症状がある場合には、ムチウチの可能性もございますので、整形外科にまず通院することをおすすめ致します。

当院併設のやましろ接骨院・鍼灸院では、このようなムチウチが疑われる症状でご来院頂いた場合、まずは病院をご紹介させて頂いております。

その上で、医師の同意がもらえたり、病院の診療時間に間に合わない状態の場合には、整形外科との同時通院も可能です。

また、過去の交通事故による後遺症の施術に関しましても、対応可能でございます。まずはお気軽にご相談ください。

ムチウチの4代症状について解説します!

一般的にムチウチの診断名は、「頚部捻挫(けいぶねんざ)」や「外傷性頸部症候群(がいしょうせいけいぶしょうこうぐん)」などと呼ばれる場合が多いです。

それでは、ムチウチの診断名や症状について1つずつ具体的にみていきましょう!

頚椎捻挫型(けいついねんざがた)

交通事故によるムチウチ症状では、7〜8割の患者様が「頚椎捻挫型」と言われています。

頸部捻挫や外傷性頸部症候群と診断された方がこれにあたり、首の土台を担う筋肉や靭帯、軟部組織を損傷し炎症を起こしていることが多いです。

症状としては、「肩こり」・「首や背中の痛み」・「首の稼働域が狭くなり回らない」などがあり、これらの症状を感じたらすぐに「整形外科」に通院しましょう。

根症状型(こんしょうじょうがた)

頚椎に加わった衝撃によって、神経が圧迫され炎症を引き起こす症状です。もちろんこのような症状は交通事故だけでなく、加齢などによっても引き起こりますが、事故後に症状が現れた場合には注意が必要です。

診断名としては、「頸部捻挫」・「外傷性頸部症候群」・「頚椎神経根症(けいついしんけいこんしょう)」・「頚椎椎間板ヘルニア」などと呼ばれます。

症状は、「首周辺の痛み」・「首や四肢の痺れ」・「脱力」・「知覚過敏」などがあり、これらの症状が体の片側だけに現れる場合も。

バレリュー症状型

交通事故による衝撃が強く、自律神経まで損傷してしまった状態を言います。

診断名としては、「バレリュー症候群」や「後頸部交感神経症候群(こうけいぶこうかんしんけいしょうこうぐん)」と呼ばれています。

症状は、自律神経の乱れによる「頭痛」・「吐き気」・「耳鳴り」・「めまい」・「不眠」などが現れます。

その他にも、首や腕、後頭部、背中にかけて痛みが及ぶ場合も。

このような症状が現れた場合にも、まずは「整形外科」に通院してください。

脊髄症状型(せきずいしょうじょうがた)

脊髄症状型とは、「脊髄不全損傷」・「頚椎椎間板ヘルニア」・「変形性頚椎症」・「頸髄症」等の診断名がつく場合が多いです。

症状としては、「四肢の麻痺」・「知覚障害」・「歩行障害」などがあり、交通事故による症状の中でも重傷のものが多く、早急に専門医の診断が必要です。

交通事故によるムチウチの治療はどこで受ければ良いの?

交通事故によるムチウチは、すぐに症状として現れる場合もありますが、現時点で何も症状がなくても事故後、数日〜数週間が経過してから体に不調がくる場合も多いです。

交通事故に遭ったらすぐに「整形外科」に通院してください。

当院併設のやましろ接骨院・鍼灸院では整形外科との同時通院も可能です。接骨院では整形外科の先生との連携を図り早期回復に努めさせていただいております。

専門医を受診することで、「レントゲン」をはじめ「MRIの検査」など骨や体の異常を詳しく診断してくれます。

レントゲンでは、骨折の有無を判断できますし、筋肉や内臓、脊髄、靭帯、椎間板、神経根への異常はMRI検査によって明らかになります。

まとめ

当院では、交通事故のムチウチによる後遺症や慢性的な首、周辺の痛みに対して「鍼灸治療」や「EMSトレーニング」、「やましろオリジナル矯正」など多種多様な施術方針を患者様ごとに提案させて頂いております。

先にもお伝えした通り、交通事故にあってしまった場合は、あまり体に不調がなかったとしてもまず整形外科を受診してください。

あなたの身体にはとても強い衝撃が思っている以上に加わっています。精密検査を受けられ、お医者さんに必ずみてもらってください。

当院併設のやましろ接骨院・鍼灸院では整形外科との同時通院も可能です。接骨院では整形外科の先生との連携を図り早期回復に努めさせていただいております。

過去の交通事故によって続いてしまっている症状は保険外の施術にて対応することも可能です。

痛みがなくなり痛みが出づらい体作り、正しい姿勢の改善、骨盤の歪み、慢性的な肩こりや腰痛、四肢のしびれ等の諸症状に対応可能です。

お大事にしてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 交通事故による後遺障害認定の仕組みとは?後遺症との違い

  2. 自転車,交通,事故,子ども

    夏休みは子どもが危ない!交通事故急増の原因と対策

  3. 疲労,PC

    眼精疲労の治療法は?整体で疲れ目にアプローチ

  4. ドライブレコーダー

    ドライブレコーダーは交通事故に役立つ!取り付け位置に注意

  5. 腰痛

    交通事故での腰の痛みは接骨院で治療も補償も受けられます

  6. 交通事故

    交通事故の治療はどうすればいい?やましろ接骨院へ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA