レジ店員さんは注意!肩コリと頭痛の原因とセルフケア方法

レジ店員さん

デスクワークされている方の多くが肩コリや頭痛で悩んでいます。
しかし、デスクワークだけでなく、肩コリや頭痛に悩まされる職業はたくさんあります。
幅広い年齢層の方が働いているレジ作業は、肩コリや頭痛に悩まれている方が多いのです。
なぜレジ作業は、肩コリや頭痛を引き起こすのでしょうか。
レジ作業における肩コリや頭痛の原因、仕事中もできる対処法をお伝えします。

頭痛の原因はひどい肩コリだった!

落ち込む,女性

レジ店員さんにおける頭痛の原因は、脳や血管の異常だけではありません。
当院の患者様でも、病院での検査では異常がないのに頭痛が治らないと悩んでいる方がたくさん来院されます。
脳などに異常がない場合、肩コリが原因で頭痛が起きているかもしれません。

頭痛は、首や肩の筋肉と大きく関わっています。
長時間のレジ作業により肩コリになると、頭まわりの筋肉にも負担がかかり頭痛の症状が現れるのです。
現在レジ作業中に頭痛の症状がなくても、肩コリを感じたら頭痛が起きる前に対処しましょう。

人の頭は、約5~6㎏と言われています。
本来、私たちは全身で頭を支えていますが、猫背など姿勢が崩れるとどうでしょうか。
レジ作業中、重い頭を首だけで支える必要があります。
首だけで重い頭を支えた場合、頭痛に関係のある首の筋肉にとても負担がかかります。
首の筋肉に負担がかかると、首とつながっている肩や頭まわりの筋肉にも負担がかかります。
その結果、肩コリや頭痛が起こるのです。

レジ作業をしていて頭痛はないが、肩コリがつらいという方もいますよね。
頭痛の症状がなくても、肩コリがあれば、頭まわりの筋肉にも負担がかかっている状態です。
肩コリの状態を放置すると、今後頭痛が出る可能性が高いのです。

肩こりが原因の頭痛はなぜレジ店員さんに多いの?

レジスター

・下を向いてのレジ作業
レジ作業中は、下を向くことが多いのではないでしょうか。
猫背のように前かがみの状態は、頭痛や肩コリの原因となる首に負担がかかるとお伝えしました。
下を向いてのレジ作業が長くなるほど、肩コリになりやすく頭痛を引き起こすのです。

・重い商品のレジ作業
スーパーなどのレジでは、お米などの重い商品を持つ場合がありますよね。
肩コリの状態で急に重いものを持つと、首や肩に負担がかかって寝違えに似た症状が起こる危険もあります。
レジ作業中の急なケガを予防するために、普段から肩コリを解消しておきましょう。

・レジ作業による目の酷使
最近は、液晶画面が付いているレジスターが多いですよね。
デスクワークのパソコン作業にも言えますが、目の使い過ぎは頭痛や肩コリを引き起こします。
レジ作業中に画面を見ないようにするのは難しいですよね。
日常生活において、スマートフォンやパソコンの使用時間を減らすなど、肩コリや頭痛予防のために工夫が必要です。

仕事中・休憩中にやりたいセルフケア

レジ作業

レジ作業中の肩コリによる頭痛を予防するには、正しい姿勢をキープして首に負担をかけない必要があります。
肩コリと頭痛に悩まないように、レジ作業での体への負担をできるだけ減らすため工夫しましょう。

・レジ作業中の立ち方
レジ作業中、片足に体重をかけていないか注意してください。
片足重心になると、骨格にゆがみが生じて姿勢の悪さを引き起こします。
姿勢が悪くなると、肩コリや頭痛を引き起こします。

・レジ作業中の姿勢
レジ作業中、前かがみになっていないかも気をつけましょう。
30分に1回は、深呼吸をするように胸を張る動作をしてみてください。
肩コリは、肩回りの筋肉が張って血流が悪くなると引き起ります。
レジ作業中に肩を大きく回してほしいのですが、仕事中に目立つ大きな動きはしづらいですよね。
肩を回すのは、レジ作業中ではなく休憩中に行いましょう。
早く回すのではなく、ゆっくり大きく前後3回ずつほど回してください。

肩コリや頭痛を改善するには姿勢の見直し

やましろ整体院トトノエル,埼玉

レジ作業による頭痛の原因は、肩コリであるとお伝えました。
首の筋肉に負担がかかると、肩コリになり頭痛を引き起こします。
肩コリを解消するには、マッサージ・はり治療などさまざまな方法があります。
しかし、肩コリの原因であるレジ作業中の首への負担を減らさなければ問題解決とは言えません

肩コリや頭痛を根本から解決するには、「姿勢の改善」がとても大切です。
正しい姿勢を手に入れて、レジ作業中も首や肩に負担のかかりにくい状態になりましょう。
普段から自分で正しい姿勢を意識するのも重要ですが、長年かけて崩れた姿勢を意識だけで改善するのは難しいのです。
整体院などで姿勢矯正を受けるなど、専門家の力を借りるのがオススメです。

また、正しい姿勢を手に入れただけでは、肩コリや頭痛の解決とは言えません。
レジ作業中は、ずっと立っていますよね。
立っている間、姿勢を意識し続けるのはとても大変です。
レジ作業などお仕事をしながらだと、なおさら難しいですよね。

姿勢を保つためには、おなか周りの筋肉(体幹)を鍛える必要があります。
体幹と呼ばれるインナーマッスルは、天然のコルセットとも呼ばれているのです。
体幹がしっかり鍛えられていると体が安定し、正しい姿勢も保ちやすくなりますよ。

その結果、肩コリや頭痛の原因となる姿勢の崩れを予防できます。
姿勢矯正、体幹トレーニングどちらも自身で行うのは難しいかもしれません。
一度、整体院などで姿勢チェック、筋力チェックを受けるのがオススメです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
レジ作業には、肩コリや頭痛の原因がたくさんあります。
老若男女さまざまな人が働く、同じ仕事量をこなすレジ作業では、自身の体のケアを注意して行わなくてはなりません。
頭痛の原因である肩コリ、そして肩コリの原因である「姿勢の崩れ」や「筋力トレーニング」を専門家に一度みてもらいましょう。
整体院に行く時間がない方は、今回ご紹介したセルフケア方法をしてみてください。
立ち方や肩を回すなどレジ作業中少しでもいいので試してくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. コーヒー

    コーヒーの飲みすぎは冷え性になる?酸素カプセルでポカポカに

  2. 疲労,PC

    眼精疲労の治療法は?整体で疲れ目にアプローチ

  3. 疲れ,睡眠

    睡眠不足は身体のパフォーマンスが落ちる!睡眠不足の解消

  4. 睡眠不足

    眼精疲労をスッキリ!眼精疲労解消マッサージがおすすめな理由と…

  5. 眼精疲労,女性

    眼精疲労の治し方は?ケア方法とおすすめグッズをご紹介

  6. 食事

    ダイエットの食事制限は危険!筋肉をつけ身体をトトノエル

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

  1. アバター
    • Keiko
    • 2019年 6月 20日

    やましろ整体院さんでは、姿勢チェックなどはしてもらえますか?

    • やましろ整体院トトノエル
      • やましろ整体院トトノエル
      • 2019年 6月 20日

      Keiko様
      姿勢チェック行っております。
      当院では、体のバランスを前後左右でチェックをして、矯正を受けていただいています。
      正しい姿勢を保つためには、筋力も不可欠なので体幹チェックも併せて行わせていただきます。
      初診の場合は、ご予約がオススメですので事前にメールまたはお電話にてご連絡ください。

CAPTCHA