どんな人がケガをしやすい?空手が原因で発症しやすいケガについて

この記事は、空手で多いケガの原因や症状についてわかりやすく紹介します。

空手で多いケガの対処法や治療法も解説するので、すでに空手によるケガを負っている方はぜひ参考にしてください。

空手が原因でケガが多い人の特徴をしっかり学び予防に取り組みましょう。

空手ではどんなときにケガが多いのか

空手で一番つらいのは、ケガをしたときです。

スパーリングや試合の時が一番ケガをしやすいです。

ケガをすると日常生活に支障をきたし、空手の練習もいつものようにできません。

空手は武道であり、ケガがつきものです。

ケガとうまく付き合いながら練習していくことが大切です。

①空手に多いケガの部位

空手に多いケガの部位は主に足、手、顔、胸があります。

一番ケガが多いのは足だと言われています。

蹴りの練習などで足の指にケガをしてしまうことが多いです。

②空手でケガをしやすい原因

どのような原因で空手でケガをしてしまうのでしょう。

ケガをしてしまいやすい状況が多い順に紹介します。

1.蹴りを受けるとき

蹴りを受けた時や、蹴りを手で払った時にケガをする場合が多いです。

膝に蹴りを受けた時に、じん帯や関節などをケガすると手術が必要な場合も多いです。

2.相手に蹴りを入れるとき

相手に蹴りを入れたときに自分の足の指をケガすることがあります。

3相手に突きをいれるとき

相手に突きを入れた時に自分の手の指をケガすることがあります。

相手とぶつかり手首や指先にケガをしてしまいます。

4.突きを受ける時

相手の突きを受ける時に、自分の腕や手や指をケガすることがあります。

③空手に多いケガの種類

空手に多いケガの種類はどのようなものがあるのでしょうか?

空手に多いケガの種類には「突き指」「骨折」「打撲」「捻挫」

などがあります。

空手に多いケガの治療方法

空手に多いケガの「突き指」「骨折」「打撲」「捻挫」の治療方法を説明します。

2-1空手に多いケガの応急処置

まずは、空手に多いケガの応急処置を紹介します。

・痛みがある場合は安静にする

・痛みを感じる部分を冷やす

・包帯やテーピングなどで圧迫、固定をする

・心臓よりも高い位置で安静を保つ

この応急処置は、Rest(安静)、Icing(冷却)、Compression(圧迫)、Elevation(高挙)の頭文字をとって、「RICE(ライス)」とも呼ばれています。

2-2空手に多いケガの治療方法

空手でケガをした場合、応急処置で痛みや腫れが治まれば問題ないですが、中には症状が改善されないこともあります。

そのような場合は、できるだけ早く病院へ足を運び治療を受けることが大切です。

病院では、保存療法を行うことが多いのです。

テーピングや装具などを着用してケガした部位を安静にして回復を待ちます。

また、痛みや腫れが治まらない場合には、鎮痛薬を処方してもらいましょう。

直接ケガをした部位に鎮痛剤を注射したりすることで、すぐに痛みを緩和させることが可能です。

空手に多いケガを予防するための対策

空手に多いケガを予防するための対策を紹介します。

空手をプレーすることが多い方は、参考にしてみてみましょう。

3-1.空手のケガを予防する対策①ストレッチ、マッサージ

空手でケガが多い人は、お風呂上りにストレッチをすることで、筋肉や腱の柔軟性を高めることができます。

さらに、空手を始める前にストレッチを行うことで体をほぐすことができます。ストレッチをしてケガを予防する効果が得られます。

また、空手で足などに負担を掛けたときは、マッサージをすることです。

マッサージで血液の循環を促し炎症などのケガを予防ができます。

たくさん練習することが多い方は、ぜひストレッチとともにマッサージも行いましょう。

3-2.空手のケガを予防する対策②過度な練習をしない

空手をする上で、過度な練習が多い方は足周辺に負担が蓄積されやすく、ケガをする確率が高くなります。

そのため、組手の練習や、走り込みを続けたりするのではなく、上半身の筋トレをして体幹を強くするなどバランスの取れた練習をすることが大切です。

足に疲労がたまっている状態だと、普段と同じ動作をすることが難しくなります。

空手で多いと言われている「捻挫」や「骨折」を引き起こしやすくなるので、注意しておきましょう。

3−3空手のケガを予防する対策③筋力アップ

脂肪をつけることよりも、筋肉をつけることが予防につながります。

筋力アップは今すぐにできませんので少しずつ筋力トレーニングをしていきましょう。

突きや蹴りの攻撃から身を守るのは脂肪ではなく、筋肉です。

筋肉がつけば予防になるだけではなく、攻撃力も上がります。

3−4空手のケガを予防する対策④防具やテーピングを準備する

スパーリングをする時には必ずサポーターをつけましょう。

拳サポーター・膝サポーター・足サポーターは大事です。

手首をケガすることが多い方は、手首のテーピングをすこしキツく巻きましょう。

手首が固定され、ある程度のケガを防ぐことができます。

足首の捻挫はアンクルサポーターがおすすめです。

まとめ

今回は、空手で多いケガの種類やケガが多いシチュエーションや、ケガの治療方法、ケガの予防を紹介しました。

空手で一番ケガが多いのは足です。

蹴りを受ける時、蹴りを入れる時、突きを入れる時、突きを受ける時にケガが多いです。

そのため

・練習前、試合前や練習後、試合後にはきちんと準備運動をする

・筋力のアップを図る

・防具やテーピングを準備する

以上が大事なポイントです。

空手はケガをしやすいスポーツです。

空手を楽しく続けるために、今回紹介した空手に多いケガを予防するための対策をぜひ実践してみてください。

ケガを予防して、空手を楽しみましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. どんな人がケガをしやすい?アメリカンフットボールが原因で発症…

  2. ランナー,スポーツ

    どんな人がケガしやすい?陸上に多いケガについてご紹介します!…

  3. 運動をする人に多い?実はシンスプリントの痛みかも!!

  4. 橈骨神経麻痺とは?原因や治療方法について

  5. 膝,痛み

    接触プレーでなくても靭帯を損傷する!?膝の前十字靭帯損傷につ…

  6. PC

    手首に痛みがサイン!?若い男性に発症が多いキーンベック病とは…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA