交通事故での腰の痛みは接骨院で治療も補償も受けられます

最近、交通事故が増加して首や腰を痛めた人が多くいます。

春になると暖かくなり、運転中にウトウトしたり、新社会人でいろいろ覚えることがあり運転中に集中がなくなってしまったりして、春は交通事故が増えてしまいます。

実は接骨院でも交通事故で首や腰を痛めた時に治療も補償も受けられます。

では、交通事故にあって首や腰が痛いときはどのようにしたらいいか知っていますか?

交通事故にあったときは

交通事故

交通事故に遭ってしまったときは、まずは落ち着いて行動しましょう。

後々のトラブルにならないように警察に連絡をします。

そして、相手にケガなどがないか、首や腰に痛みがないか確認しましょう。

その後、相手の名前や住所、電話番号、連絡先を確認して、車のナンバーも忘れずにメモを取っておきます。

そして、周りで交通事故を見ていないか目撃者を探します。

写真や、メモなどを残しておくといいでしょう。

そして、首や腰の痛みがなくても交通事故に遭ったときは一度、病院へ受診しましょう。

自分で軽い交通事故だからと思っていても、実は腰や首には大きな衝撃がかかり、首や腰を痛めていることが多いです。

 交通事故に遭われたときの受けられる補償とは?

交通事故に遭われたときに、首や腰を痛めた場合に治療を受けられる損害補償というものがございます。

主に2つの保険に分かれており自賠責保険と任意保険があります。

まず、自賠責保険は国から入るように言われている保険で、自動車、バイク、原付などを使うときに必ず入らなければいけない保険のことです。

もう1つは、任意保険というもので自賠責保険の保険で支払いきれないときに、足りない分を補ってくれる保険になります。

自賠責保険と任意保険の違いは?

まず、自賠責保険とは、運転中に交通事故を起こして相手にケガをさせてしまったときや、死亡させてしまったときに、相手のケガなどの治療費として支払われる保険になります。

ただし、自賠責保険は限度額が決まっており、その保険の上限を超えた際にはご自身でお支払いすることになります。

任意保険とは、自賠責保険での限度額を超えたときに補償してもらえる、いわゆる上積み保険とも言われています。

任意保険なので加入する義務はありませんが、自賠責保険の限度額を超えた時に必要になる大切な保険です。

首や腰の痛み以外に

交通事故に遭われると、むち打ちということを良く聞きますが、腰も痛めている人が多いです。

車に座っていて腰に強い衝撃が加わり腰回りの筋肉や関節、靭帯に大きな力がかかり傷がついて腰に痛みが起きます。

そして、腰を痛めると足にしびれが出てきたり、体に力が入らなくなったり、仕事中に腰が痛くてコルセットが手放せなくなったりします。

交通事故に遭ったときは首や腰に痛みが出なくても、早期に一度医療機関を受診することが大切です。

接骨院でも治療が受けられます。

交通事故に遭ったときに腰や首の痛みがあるときは医療機関に受診することは大切ですが、病院などは終わる時間が早く、仕事帰りなどに行こうと思っていても病院が終わっていたりします。

接骨院では、夜8時まで受付をしており、事前にご連絡いただければ夜の10時まで対応させていただきます。

仕事終わりでもしっかり治療に通っていただき、早期に体が良くなっていただけるように可能な限りご対応させていただきます。

そして、交通事故での治療では治療に来ていない期間が長く空いてしまうと、今後治療を続けていくことが難しくなります。

そのため、お時間のないからと治療に来るのを迷わず、そんなときは受付でお時間がないことをお伝えください。そちらも可能なかぎりご対応させていただきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

交通事故に遭われて首や腰の痛みで悩まれている人が多くいます。

交通事故では後から首や腰の痛みを感じている人が多くいます。

交通事故に遭われてどうしたらいいかかわらなく悩んでいるようでしたら、まずは接骨院にご連絡ください。

交通事故に遭ってからの対応や、補償、治療について知っていないと損をすることが多くあります。

まずは、しっかりと身体を良くするために治療に通って、交通事故に遭って後々後悔しないようにしましょう。

関連記事

  1. 交通事故

    交通事故の治療はどうすればいい?やましろ接骨院へ

  2. 交通事故

    交通事故に遭ってむちうちによる首の痛みはどうしたらいいの?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA