坐骨神経痛の症状と治療法についてご紹介

普段からなんとなく太ももやお尻が痛かったり、しびれたりするという方はいらっしゃいませんか?

その下半身の違和感は、坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)の症状の可能性があります。

この記事では坐骨神経痛とは何か、その主な症状や治療法についてもご紹介します。

坐骨神経痛の概要

最初にこの項目では坐骨神経痛の概要や症状について説明します。

1-1.坐骨神経痛の概要と原因

坐骨神経痛とは腰部、骨盤部から足の末端にかけての坐骨神経が通っています。

坐骨神経痛の範囲に痛みやしびれの症状が起こることを言います。

坐骨神経が圧迫されることが原因で生じる神経痛の総称を「坐骨神経痛」と言います。

坐骨神経痛は症状の表現であり病名とは見なされません。

1-2.坐骨神経痛の症状

坐骨神経痛の症状は多岐にわたります。

①腰、臀部(でんぶ)の痛み

②太ももの裏、足にかけてのしびれ、痛み

③運動による痛み、しびれの悪化

④足に力が入らない

⑤左右で足の筋肉に差が生じる

⑥歩行困難

⑦安静時の痛み、しびれ

などが主な症状ですが、人により症状の訴え方が多種多様なのが特徴があります。

1-3.坐骨神経痛の診断

問診時に触診で腰椎に異常がないかを確認するSLRテスト、FNSテスト、筋力、感覚、腱反射(けんはんしゃ)の検査を行います。

その後、症状の程度に応じてMRI検査やX線検査を行って診断を確定します。

結果をみてから治療法を考えることになります。

坐骨神経痛の治療法

坐骨神経痛の症状の治療において重要視されるのは痛みを取ることです。

坐骨神経痛の症状はさまざまです。

それに合わせた治療法が適用されます。

いずれの方法においても疼痛緩和(とうつうかんわ)は優先順位が高くなります。

2-1.坐骨神経痛の治療法とは?

坐骨神経痛の治療法をご紹介します。

治療法その①保存療法

安静を維持し、運動をする場合は坐骨神経痛の症状である痛みを伴わない姿勢を取るようにします。

治療法その②薬物療法

NSAIDs(非ステロイド性消炎鎮痛薬)や筋弛緩薬(きんしかんやく)によって行う治療法です。

坐骨神経痛の症状である炎症による痛みを抑制します。

筋肉を緩ませたりして疼痛緩和を行います。

治療法その③神経ブロック

薬物療法であまり坐骨神経痛の症状である疼痛緩和がなされない場合に行う治療法です。

神経近くに麻酔を打つ治療法ですが、一時的なもので根本的な治療とは言えません。

治療法その④装具療法

コルセットを腰に巻く治療法です。

坐骨神経痛の方の動作を楽にするための補助的な治療であります。

しかし、原因を解決するための治療とは呼べません。

治療法その⑤牽引療法(けんいんちりょう)

手足や脊椎(せきつい)を牽引することでおこります。

疼痛の症状緩和や脊椎疾患の安静や負荷の軽減を目的に行う治療法です。

専用の機器で坐骨神経痛の症状に合わせて行います。

長時間に渡る持続牽引と秒単位の間歇牽引の2種類の治療法があります。

治療法その⑥電気療法

身体に微弱な電流を流すことで自然回復能力や神経の働きを良くするのが目的の治療法です。

疼痛緩和効果が一時的なため、短期的にでも坐骨神経痛の症状を改善したいと希望する方向けの治療と言えます。

治療法その⑦温熱療法

脊椎と下半身を温めることで運動能力の改善と腰痛症状緩和を目指した治療法です。

腰痛症状の軽減が目的のため根本治療とは言えません。

治療法その⑧光線療法

炭素に電流を流して光源を作り、照射する治療法です。

疼痛の軽減が目的の治療であるため坐骨神経痛がなくなるわけではありません。

治療法その⑨脊髄刺激療法

脊髄の近くに電極を埋め込みます。

電気信号で脳を刺激して疼痛緩和を図る治療法です。

薬物療法で坐骨神経痛の症状の改善が見られない場合に行われる治療法と言えます。

治療法その⑩手術療法

今までご紹介した治療では坐骨神経痛の症状の改善が見られない場合もあります。

その場合は、膀胱(ぼうこう)、直腸に障害が出ている場合などに検討されます。

坐骨神経痛の症状は多岐にわたるため、治療法も多いのが特徴と言えます。

受診先の医師と良く相談して、自分の症状に合った治療法を見つけるようにしましょう。

坐骨神経痛のリハビリ

坐骨神経痛の早期回復を目指すためには、症状に合わせた治療だけではなくリハビリも行うのが望ましいと言えるでしょう。

坐骨神経痛の回復によいリハビリ方法を3つご紹介します。

リハビリ方法その①水治療法

筋肉増強や伸展を目的として、水中運動を行うことです。

リハビリ方法その②ストレッチ

身体の緊張をほぐし血行を良くすることで圧迫されている部位の除圧につながります。

坐骨神経痛の症状と勘違いしやすい筋肉痛の緩和にもなるのです。

リハビリ方法その③ウォーキング・サイクリング

軽度な有酸素運動のため坐骨神経痛の方にとっては運動不足の解消と筋力増強へとつながります。

まとめ

坐骨神経痛は症状が多岐にわたります。

その治療法やリハビリについても軽度の症状の方、重度の症状の方までいます。

さまざまな方法があるのがおわかりいただけたと思います。

しかし残念ながら、坐骨神経痛を単独で根治させる治療法はまだ見つかっていないのです。

処置が遅くならないためにも、症状が出た段階で受診するように心がけましょう。

お問い合わせ・ご予約

電話番号:048-789-447
「ホームページを見ました」と言っていただくとスムーズにご案内できます。
電話受付時間:平日9~20時、土曜:9~13時


↓24時間対応!LINE予約↓
・お名前
・症状やお悩み
・ご希望の日時
を送ってください。

LINE,やましろ整体院トトノエル,栄和本院,埼玉 LINE,やましろ整体院トトノエル,みずほ台院,埼玉

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
山城 宏統

山城 宏統

「株式会社ビグス 代表取締役」「やましろ接骨院・鍼灸院 総院長」 症状が出ている原因がはっきりしないまま治療することが嫌いです。うちに来ていただいた以上、どうしたら悩みを解決できるのか?その糸口が必ず見つかるよう全力で施術にあたります。柔道整復師という職業を子どもが目指したい職業にランクインさせることが目標です!

関連記事

  1. スポーツをしている子どもたちに多い有痛性外脛骨!

  2. 夏,日差し

    女性に多い病気?女性に多いヘバーデン結節について

  3. 腰痛

    積み重なる負担が原因!ゴルフでのケガについて詳しく解説します…

  4. 姿勢

    本気で猫背を治したい!「原因追求と筋肉トレーニング」がポイン…

  5. 産後,赤ちゃん

    産後2ヶ月目から始める骨盤調整!妊娠前より元気な体へ

  6. 足の種子骨障害とは?症状と病院での治療方法について

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA