肩の脱臼?!繰り返さないためには!

The following two tabs change content below.

林 祐子

やましろ接骨院本院院長株式会社ビグス
やましろ接骨院本院・院長 柔道整復師になり10年以上の現場経験を持っています。まだまだ未熟ですが、怪我をした時や、困った時にまず第一選択肢として、やましろ接骨院を頼ってもらえるような院にするために日々、患者さんの施術にあたっています。また、女性院長ならではの対応を心がけています。女性にしかわからない悩みなどなにかあった時には頼ってください。 柔道整復師にしかできないことを、患者さんに還元していきます!!

 

肩関節の構造


肩関節は人体で最も可動範囲の広い関節です。この関節は上腕骨の球状の頭部と、肩甲骨の浅いくぼみである肩甲窩から構成されています。肩関節は大きな動きを可能にする一方で、その構造上、安定性には欠ける部分もあります。肩関節を支えるのは、関節包、靭帯、筋肉(特にローテーターカフ)などの軟部組織です。
これらの組織が肩関節の動きと安定性を保つために重要な役割を果たしています。

肩関節が脱臼する原因

肩関節が脱臼する主な原因は、外力によるものです。
例えば、転倒やスポーツ中の衝突、腕を伸ばした状態での強い衝撃などが挙げられます。
肩関節が前方に脱臼することが最も一般的で、これは上腕骨の頭部が前方にずれ込むことによって発生します。
また、肩関節が後方に脱臼することもありますが、これは比較的稀です。

脱臼のリスクを高める要因には、以下のようなものがあります:

  • スポーツ活動:ラグビー、バスケットボール、柔道などの接触スポーツ。
  • 遺伝的要因:関節の弛緩性が高い人や先天的に肩関節が緩い人。
  • 過去の脱臼歴:一度肩関節を脱臼すると、再発するリスクが高くなります。

肩関節脱臼の症状

肩関節脱臼の主な症状は、急激な肩の痛みと、肩の形状の変化です。
脱臼が起きた瞬間、激しい痛みが発生し、肩が正常な位置からずれていることが見て取れることがあります。
また、腕を動かすことが非常に困難になり、肩関節の周囲に腫れや青あざが見られることもあります。
脱臼が重度の場合、神経や血管が損傷することもあり、腕や手にしびれや麻痺が生じることもあります。

肩関節脱臼を繰り返してしまう原因

肩関節脱臼を繰り返す原因としては、以下のようなものがあります

  1. 関節包や靭帯の損傷:一度脱臼すると、関節包や靭帯が損傷を受け、それが完全に回復しないまま再度脱臼するリスクが高くなります。
  2. 筋力の不足:肩関節を安定させるための筋肉(特にローテーターカフ)の筋力が不足していると、脱臼の再発リスクが高まります。
  3. 不適切なリハビリ:脱臼後のリハビリが不十分であったり、早すぎる復帰が原因で、再発のリスクが高まります。
  4. 過度の運動:過度なスポーツ活動や無理な動きを続けると、再度脱臼する可能性が高くなります。

肩関節脱臼を繰り返さないためには

肩関節脱臼を繰り返さないためには、いくつかの予防策があります

  1. 適切なリハビリ:脱臼後のリハビリテーションは非常に重要です。理学療法士や柔道整復師の指導の下で、肩の筋力を強化し、柔軟性を高めるためのエクササイズを行います。
    特にローテーターカフの筋力強化は、肩関節の安定性を保つために重要です。

  2. 筋力トレーニング:肩周りの筋肉を強化するためのトレーニングを定期的に行うことが重要です。
    これには、肩の内外旋筋、三角筋、僧帽筋などの筋力強化が含まれます。

  3. 姿勢の改善:日常生活での姿勢にも注意が必要です。良い姿勢を保つことで、肩関節にかかる負担を軽減し、脱臼のリスクを減少させることができます。

  4. スポーツ活動の注意:脱臼のリスクが高いスポーツを行う場合は、適切なプロテクターを着用し、無理な動きを避けることが大切です。
    また、スポーツ前後のストレッチやウォームアップを徹底することも重要です。

  5. 早期の治療と対応:肩関節に不安を感じた場合は、早めに専門家に相談し、適切な診断と治療を受けることが重要です。早期に対処することで、再発のリスクを大幅に減らすことができます。

まとめ

肩関節脱臼は痛みを伴い、日常生活やスポーツ活動に大きな影響を与える可能性があります。しかし、適切なリハビリと予防策を講じることで、再発を防ぎ、肩の健康を保つことができます。肩関節に問題を感じたら、早めに専門家に相談し、適切な治療を受けることをお勧めします。

肩関節脱臼を繰り返さないためには、筋力トレーニング、姿勢の改善、適切なリハビリ、スポーツ活動時の注意など、多方面からのアプローチが必要です。肩関節の健康を守り、快適な日常生活を送るために、これらの対策をしっかりと行いましょう。

肩関節の問題に関するご相談は、当院の柔道整復師までお気軽にお尋ねください。専門的なアドバイスとサポートを提供いたします。肩関節の健康を保ち、脱臼を防ぐための最善の方法を一緒に見つけましょう。



お問い合わせ・ご予約

電話番号:049-214-0800
「ホームページを見ました」と言っていただくとスムーズにご案内できます。
電話受付時間:平日9~20時、土曜:9~13時

↓24時間対応!LINE予約↓
・お名前
・症状やお悩み
・ご希望の日時
を送ってください。

LINE,やましろ整体院トトノエル,栄和本院,埼玉LINE,やましろ整体院トトノエル,みずほ台院,埼玉

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

webでお問い合わせ LINEで栄和本院へお問い合わせ LINEでみずほ台院へお問い合わせ

関連記事

  1. 猫背からくる肩こり、腰痛について整体師が解説します

  2. 猫背の原因と影響について整体師が解説します

  3. 肩こりの方必見!
胸鎖乳突筋を緩めると肩こりが楽になる?!

  4. 野球肘の原因と治療法:早期発見と治療で快適なプレーを取り戻す…

  5. 年齢と共に遅れる筋肉痛を解消!早期回復のための完全ガイド

  6. 肩こり

    肩の前に痛みがある?上腕二頭筋長頭腱炎の原因や対策を解説しま…