ギックリ腰はやましろ整体院へお任せください。治療法と再発予防を院長が教えます。

The following two tabs change content below.

井手 恒太

やましろ接骨院みずほ台院院長 臨床歴10年以上で整形外科勤務、デイサービスの機能訓練士など接骨院だけでなく、様々な現場での経験を生かして、患者さんの痛みをとるだけでなく、痛みの出ない体にするための介入をします。骨折、脱臼の重症患者さんの対応もでき、野球肘の撲滅を目指し、野球チームに無料で検診を行っています。

こんにちは。
やましろ接骨院の院長の井手です。



本日は当院でも最近多く来院されます、急な腰の痛みが起こるギックリ腰についてお伝えします。

突然のギックリ腰になったときの原因と施術方法をご説明します。

何度もギックリ腰をしてお悩みの方、再発を繰り返している方に是非とも読んでいただけましたら幸いです。

ギックリ腰ってどんな症状?

正式には「急性腰痛症」と呼ばれています。

・急激に発症する腰の痛み。

・動作による痛みの悪化。

・明らかな神経痛やまひなどは合併せず、レントゲンや磁気共鳴画像装置(MRI)では異常所見がない。

・比較的短期間で治る。

などを満たすものを言います。

明確な診断はつかないが短期間でおさまる腰の痛みとも言えます。

ギックリ腰は、小さなきっかけでも突然痛みが起こることがあります。

またギックリ腰は、別名で腰痛症とも言われます。

ギックリ腰の原因と症状

 

ギックリ腰の原因ははっきり特定されていません。

ギックリ腰は、腰の筋肉の捻挫のようなものです。

その他、原因となる可能性はさまざまあります。

原因となる動作によって突然腰に痛みがおきて、動けなくなります。

多くは1~2週間程度(早くて2〜3日)で痛みは自然に回復します。

注意が必要なギックリ腰ですが、時間がたっても症状が改善しない場合です。

もしくは、下半身に痛みやしびれがある場合です。

この場合は、腰椎椎間板ヘルニアなどの病気が隠れていることがあります。

そんなときは、一度医療機関を受診してみてもらってください。

ギックリ腰の検査と診断について

ギックリ腰は、発症した状況や症状、病歴などから疑われます。

ギックリ腰の原因となる動作は、はっきりすることもあれば、しないこともあります。

検査は、腰部の単純なレントゲン写真や磁気共鳴画像装置(MRI)などの画像検査が検討されています。

特に磁気共鳴画像装置(MRI)は、脊椎(せきつい)の中に位置する脊髄(せきずい)と髄核(ずいかく)などの位置関係を詳細に見ることができます。

ギックリ腰の治療方法について

 

当院では、最近はGooglemapやInstagramを見て、通院いただける患者さんが増えており、ぎっくり腰の患者さんが急増しております。

当院では1度の施術での改善を大切にしております。

ぐりぐりと痛いところをきつくマッサージをしたり、バキバキと矯正を行うことはありません。
当院では、ラジオ波という治療器を使って施術を行い、ぎっくり腰のきつい症状を改善していきます。

このラジオ波は、筋肉を温める効果があり、電気治療器と違い、びりびりと刺激はなく、心地いい感覚で痛みの改善ができます。

ぎっくり腰だけでなく、寝違いにも非常に有効で、急な痛みに非常に有効です。

1度の施術である程度痛みを緩和し、動かせる状態にするので、当院では再発を防ぐところまでしっかりと施術計画を立てていきます。

ギックリ腰の再発予防について

EMS,トレーニング

ギックリ腰を経験すると、その後1年間で約1/4の方が再発するといわれています。

ギックリ腰の再発を予防するためにすべきことは、主に下記の4つです。

1)無理な姿勢をとらないようにしましょう

腰に負担がかかるような前かがみの姿勢を避けましょう。

2)ストレスを軽減しましょう。

ストレスが続くと痛みに敏感になります。

音楽や食べ物など、自分の好きなものを生活に取り入れ、 ストレスを軽減しましょう。

3)肥満を防ぎましょう。

肥満があると体重が重い分、腰に負担がかかってギックリ腰が起こりやすくなります。

4)適度な運動を行いましょう。

痛みがなくなって完治した後にも、体を動かしましょう。

この4つを気にしながら、当院ではEMSという機械で、お腹のインナーマッスルを鍛えます。
接骨院の「EMS」で筋肉を鍛えて体の痛みを改善する効果とは? (bigth.co.jp)

詳しくはこちらの記事を読んでいただけたら幸いです。

まとめ

ギックリ腰を発症すると、激しい痛みに襲われてしまいます。

ギックリ腰は早めの施術がカギですので、当院へご相談ください。

お問い合わせ・ご予約

電話番号:048-789-447
「ホームページを見ました」と言っていただくとスムーズにご案内できます。
電話受付時間:平日9~20時、土曜:9~13時

↓24時間対応!LINE予約↓
・お名前
・症状やお悩み
・ご希望の日時
を送ってください。

LINE,やましろ整体院トトノエル,栄和本院,埼玉LINE,やましろ整体院トトノエル,みずほ台院,埼玉

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

webでお問い合わせ LINEで栄和本院へお問い合わせ LINEでみずほ台院へお問い合わせ

関連記事

  1. 腰痛

    成長期にスポーツに打ち込むのは腰椎分離症に注意?病気のメカニ…

  2. ギックリ腰

    放置は禁物!猫背が体に与えるさまざまな危険とは?

  3. 問診

    どんな人がケガをしやすい?テニス人多いケガについてご紹介しま…

  4. 腰痛に効果のあるつぼ!腰痛のつぼとは?

  5. 背中の長引く痛み!脊椎圧迫骨折についてご紹介します

  6. 姿勢

    本気で猫背を治したい!「原因追求と筋肉トレーニング」がポイン…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。