女性に多い病気?足のモートン病についてご紹介!

この記事では、女性に多いモートン病に関して紹介します。

女性に多いモートン病とは、どのような病気なのでしょうか?

モートン病の原因や、モートン病の予防方法など詳しく説明します。

今現在、モートン病で悩んでいる方は、治療法を参考にしてみてください。

今後、モートン病にならないように予防しましょう。

女性に多いモートン病とは?

モートン病とは、足の中指と薬指の間の神経が炎症を起こす病気です。

モートン病は足の裏の痺れや痛みの症状が多いです。

モートン病は普段の足の痺れと感覚が似ています。

そのため、痺れを放置している人が多く、モートン病に気づかない場合もあります。

モートン病を放置してさらに悪化してしまうと、痛みや痺れのせいで歩けなくなることもあります。

女性に多いモートン病の症状と原因

①女性に多いモートン病の症状

モートン病とは1876年にモートンが報告した病気です。

モートン病の症状は、個人差があります。

足の中指と足の薬指の間(足の中指と足の薬指が向かい合う側)に、

・痺れ

・疼痛(とうつう)

・熱を感じる

などの神経症状が現れます。

足の中指と足の薬指に症状が多いですが、

・足の人差し指と足の中指

・足の薬指と足の小指

の間にも症状が出る場合もあります。

足の指の痛みの強弱は個人差があります。

痛みが強すぎると、時には太ももまで痛む場合があります。

モートン病は点字ブロックや少しの段差を踏んだときに、飛び上がってしまうほどの痛みを感じることがあります。

靴を履いていて、足の指の痛みが強くなり、靴を脱ぐと足の指の痛みがなくなるります。

足の指が圧迫され、ハイヒールが痛くてはけないなどがあります。

②女性に多いモートン病の原因

モートン病の原因は、

・中腰での作業

・ハイヒールをよくはいている

・長い時間、つま先立ちをする

などで痛みが起きやすくなります。

マレット指という、指の第一関節が曲がった状態の指がある場合にも、同じような姿勢でモートン病は起きやすくなります。

足の指の付け根の関節を使ってつま先立ちすることによって起こります。

足の指に行く神経が、中足骨の間をつなげるじん帯のすぐ足底部を通ります。

このじん帯と地面の間で圧迫されてしまいおきる神経障害です。

圧迫されている部分の近くに、仮性神経腫といわれています。

痛みのある神経腫が作られます。

モートン病は中年以降の女性に多いと言われています。

女性に多いモートン病の診断と治療

女性①女性に多いモートン病の診断

モートン病は障害神経の足の指の間に感覚障害があります。

中足骨頭間足底に腫瘤とティネルサイン(神経障害部分を叩くとその神経の支配領域に痛みが放散する現象)があれば診断が確定となります。

また、足の指を足の甲側にのばす運動や、つま先立ちで足の指の痛みが強まります。

そのほかにも、

片手で足の親指と足の小指の中足骨の頭部を挟んで、横から圧迫すると痛みがあるsqueezeテストがあります。

そのほかにも、squeezeしながら指の間をおして痛みがあるかを調べるmulderテストなどがあります。

診断を確定するにはレントゲン検査・筋電図検査・MRI・超音波検査など、症状にあわせておこないます。

血液検査ではわかりません。

女性に多いモートン病の治療

モートン病の治療には、はじめに足底挿板という、靴の中敷を利用した矯正器具を使用して保存治療をします。

3カ月ほど経過をみて、症状が良くならない場合は手術が必要となる場合もあります。

3-1女性に多いモートン病の治療①保存的療法

足の指の痛みのある部分を安静にすることが大切です

中腰での作業は行わないようにしましょう。

ハイヒールもはかないで安静にしましょう。

・足底挿板を利用し安静にする

・運動療法

・ブロック注射

などの保存的療法があります。

3-2女性に多いモートン病の治療③手術療法

モートン病の手術には

・神経剥離(しんけいはくり)

・神経腫摘出(しんけいしょうてきしゅつ)

・深横中足靭帯(しんおうちゅうそくじんたい)の切り離し

などの種類があります。

整形外科医の診断により手術内容はきまります。

女性に多いモートン病の予防

モートン病の予防とモートン病になってしまった時に対策方法を紹介します。

4-1女性に多いモートン病の予防①ハイヒールなどの靴ははかない

ハイヒールの他にも、先端が細くなっている足の指が圧迫されるような靴はさけましょう。

足の指の先が圧迫されることでモートン病はさらに悪化します。

窮屈ではない、はきやすい靴をはきましょう。

4-2女性に多いモートン病の予防②ブロック注射

モートン病の炎症を抑えるために、ブロック注射が効果があります。

ブロック注射は、炎症を抑えてくれるため、痛み止めの役割になります。

ただし、一時的な痛み止めにすぎません。

完全に治るわけではないです。

足の指の痛みがある部位をきちんと安静にしておくことも必要です。

4-3女性に多いモートン病の予防③手術

手術によって、モートン病の痛みの元になる神経腫を切除します。

神経を切除するので、後遺症などのリスクも高い手術です。

手術によって改善する人も多いです。

4-4女性に多いモートン病の予防④靴の中敷を変える

モートン病専用の靴の中敷を使います。

中敷によって足の指の圧迫を軽減し、モートン病の予防や、モートン病を改善できます。

この予防の中で、自分で取り組みやすいものから行いましょう。

まとめ

今回は女性に多いモートン病に関して紹介しました。

モートン病は、足の中指と薬指に電気が走ったような痛み・痺れを感じます。

ハイヒールや作業している姿勢が原因でおこることが多いです。

モートン病の予防は、ハイヒールを履かないようにするなどがあります。

しかし、仕事などでどうしてもハイヒールを履かなければいけないこともあるはずです。

そういう時は、ハイヒールの中敷を、モートン病対応のものに変えてみましょう。

そしたらモートン病が発症しないようにしましょう

モートン病にならないように、自分でできる予防から始めましょう。

我慢せず、痛い・痺れるという症状が出たら病院へ行きましょう。

お問い合わせ・ご予約

電話番号:048-789-447
「ホームページを見ました」と言っていただくとスムーズにご案内できます。
電話受付時間:平日9~20時、土曜:9~13時


↓24時間対応!LINE予約↓
・お名前
・症状やお悩み
・ご希望の日時
を送ってください。

LINE,やましろ整体院トトノエル,栄和本院,埼玉 LINE,やましろ整体院トトノエル,みずほ台院,埼玉

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
山城 宏統

山城 宏統

「株式会社ビグス 代表取締役」「やましろ接骨院・鍼灸院 総院長」 症状が出ている原因がはっきりしないまま治療することが嫌いです。うちに来ていただいた以上、どうしたら悩みを解決できるのか?その糸口が必ず見つかるよう全力で施術にあたります。柔道整復師という職業を子どもが目指したい職業にランクインさせることが目標です!

関連記事

  1. 元気,子ども

    子供のケガを接骨院で治療すると良いのはどんな時?

  2. 腰痛

    骨折や筋肉を傷めたものだけがケガではない!?ケガの種類につい…

  3. 膝,痛み

    半月板は膝の機能で重要!?内側半月板・外側半月板損傷

  4. 膝

    膝の曲げ伸ばしで音と痛みを出す棚障害についてご紹介

  5. サッカー

    子供に多い膝のケガ。実はジャンパー膝かも

  6. 橈骨を骨折してしまう「コーレス骨折」についてご紹介します!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA